マンガ『BARレモン・ハート』のNFT、オープンシーにてオークション出品 販売収益は飲食店支援に活用

マンガ『BARレモン・ハート』のNFT、オープンシーにてオークション出品

株式会社TARTが、マンガ『BARレモン・ハート』を管理する株式会社ファミリー企画及び酒専門店の株式会社リカーマウンテンと共同で、限定の書き下ろしイラストをNFTとして販売し、その収益を飲食店支援に活用するプロジェクトを開始することを5月24日発表した。

NFTの販売収益の一部はオリジナルボトルの製作費用に充当され、そのオリジナルボトルの酒は各飲食店に贈呈されるとのことだ。なお製作を予定しているオリジナルボトルは、NFTの販売結果によって確定するとしており、酒の配布時期もあわせてプロジェクトの進捗に応じて報告するとのこと。

今回販売するNFTは、限定一点のフルカラー作品と期間内にて数量無制限で販売するモノクロ作品の2種類となる。

限定一点のフルカラー作品のNFTは5月24日~6月4日22:00までの期間にて、NFTマーケットプレイスのOpensea(オープンシー)にてオークションで販売が行われれる。

またモノクロ作品は同じく5月24日~6月4日22:00までの期間、特設サイトにて0.03ETHにて販売されるとのことだ。

(images:iStocks/Arkadiusz-Warguła)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ