ネムグループ、SymbolでNFT領域へ参入

ネムグループ、SymbolでNFT領域へ参入

NEM(ネム)グループがNFT領域への参入を5月21日発表した。ネムグループは暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)の新通貨であるジム(XYM)のブロックチェーンSymbol(シンボル)を通じてスポーツ界のスターたちのNFTを手掛けていくとのことだ。

https://twitter.com/NEMofficial/status/1395378495019274243

リリースによるとすでに元サッカー選手であり「キング・ケニー」の愛称でしられるケニー・ダルグリッシュ(Kenny Dalglish)氏とアルジェリア代表でマンチェスター・シティFCの現役スター選手であるリヤド・マフレズ(Riyad Mahrez)氏のNFT発行が決まっているとのことだ。

NEM Software社のマネージングディレクターであるマイク・ソティラコス(Mike Sotirakos)氏は「世界中に何億人ものファンがいるSymbolは、次世代のコレクター向けプラットフォームを通じて、アスリートが自らのストーリーを直接ファンと共有できる機能を提供していきます。ブロックチェーン技術により、クリエイターと消費者との距離を縮め、全く新しいトークン化エコノミーへのアクセスを促進します。NEMがその最前線にいることを嬉しく思います」とリリースにてコメントしている。

参考:NEM

(images:iStocks/artacet

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored