米FOX、NFTスタジオの立ち上げとIP利用のNFT制作

米FOX、NFTスタジオの立ち上げとIP利用のNFT制作

米映像制作会社のフォックス(FOX)がブロックチェーン・クリエイティブ・ラボの設立とNFTスタジオの立ち上げを発表した。

このことは5月18日に開催されたイベントにて同社CEOであるチャーリ・コリアー(Charlie Collier)氏が発表したものだ。同氏はフォックスのIP(知的財産)を利用したNFTを制作をすることも併せて発表している。

フォックスのNFTスタジオの初デビューは、米テレビアニメ「リック・アンド・モーティ(Rick and Morty)」の作者であるダン・ハーモン(Dan Harmon)氏の新作アニメシリーズ「クラポポリス(Krapopolis)」の初公開と同時期に行われるとのこと。なお現時点では具体的な公開日程は明かされていない。

この「クララポリス」は史上初のブロックチェーン上でキュレーションされたアニメシリーズとなる。これによりフォックスが放送ネットワーク企業として初めてNFTビジネスに参加することになる。

フォックスは「クラポポリス」のために専門のマーケットを立ち上げる予定だ。ユニークなNFT、背景アートとGIFを含め、熱狂的なファンを招き、ファンサービスするため「専属ソーシャル体験」を提供するトークンなどのデジタル商品を発行する計画となるようだ。

チャーリー・コリアー氏は「 今日はあまり深く話せませんが、フォックスは広告主を重視し、アーティストを第一に考え、アニメーションに夢中になっている企業として、広告主をNFTを含むブロックチェーンを利用するトークンの世界に連れて行きます」と述べた。

参考:Hollywood Reporter

(images:iStocks/artacet)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。