バンク・オブ・アメリカ、株式決済や清算のためのブロックチェーンネットワークに参加

バンク・オブ・アメリカ、株式決済や清算のためのブロックチェーンネットワークに参加

米大手銀行バンク・オブ・アメリカが米パクソス(Paxos)の構築したブロックチェーンネットワークに参加し、株式取引を数日ではなく数分で決済することに成功した。このことをブルームバーグが5月17日報じた。なおパクソスのネットワークはイーサリアム基盤である。

ブルームバーグは「JPモルガンは、2020年末からイーサリアムを使ってオーバーナイト・レポ取引を行っており、1日の取引額は10億ドルを超えています。ゴールドマンサックスも同様にこの市場に参加する準備をしています」と説明している。

ノースカロライナ州シャーロットに本社を置くバンク・オブ・アメリカの融資・清算部門責任者であるケビン・マッカーシー(Kevin McCarthy)氏は「バンク・オブ・アメリカは過去数ヶ月間、社内での取引を行っており、清算機関として承認されれば、次は顧客にサービスを提供することになります。そしてPaxosが提供する柔軟性とコスト削減が銀行にとって魅力的でした」とブルームバーグに答えている。

さらにケビン氏は「これにより決済サイクルをT+0にすることができます。これは取引と同時または同日に決済を行うことを意味します。そうすれば、従来はオーバーナイトで計上していた担保が不要になり、大きなコスト削減につながります。このビジネスの資産収益率は、これまでの課題でしたが、改善されるでしょう」と述べている。

パクソスCEOのチャド・カスカリラ(Chad Cascarilla)氏は「より柔軟でスピーディな株式決済への動きは、半世紀にわたって株式市場を支配してきた清算機関のDTCCを脅かすことになるかもしれないです。DTCCでは午前11時30分までに記録された取引だけが、その日のうちに決済されます。これでは一日に取引される全銘柄の約75%が決済されないことになります」とブルームバーグに説明している。 

編集部のコメント

パクソスは4月にPayPalらから約330億円の資金調達を行っていて、企業評価額は約2,600億円になっています。

資金調達時のパクソスのリリースでは「Paxosは規制、信頼性、セキュリティへの取り組みを深めながら、エンタープライズグレードのインフラの開発に投資を続けていきます」と今後の動向を説明している。まさに株式の決済と清算のためのブロックチェーンネットワークもその1つだと考えられます。

参考:ブルームバーグ

(images:iStocks/Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored