フェイスブックらのディエム(Diem 旧Libra)協会、米ドルステーブルコイン「Diem USD」発行へ方針転換

ディエム(Diem 旧Libra)協会、「Diem USD」発行へ方針転換

フェイスブックのNovi、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)、コインベース(Coinbase)など26組織で構成されるDiem協会が完全子会社であるDiem Networks USとシルバーゲート(Silvergate Capital)との間でパートナーシップを締結したことを発表した。

シルバーゲートは、カリフォルニア州公認の銀行であり、連邦準備制度(Federal Reserve System)に加盟している。

この提携により、シルバーゲートはステーブルコイン「Diem USD」の独占的な発行者となり、準備金も管理する。またDiem協会は、スイスからアメリカに主要機能を移す予定だ。

アメリカへの機能移転はアメリカにおけるデジタル通貨の規制環境の変化を考慮したものともなっているようだ。

そしてDiem協会はスイス金融市場庁(FINMA)への決済システムライセンスの申請を取り下げることも発表した。またDiem Networks USは、米国財務省の金融犯罪執行ネットワークにマネーサービス事業者として登録する予定だ。

リリースによれば、今回のパートナーシップの締結は「Diem USD」の試験運用に向けた重要なステップとの位置付けだ。

Diem協会のCEOであるスチュアート・リービー(Stuart Levey)氏は「シルバーゲートは、金融イノベーションのリーダーであり、消費者を保護し、金融システムの完全性を高めるブロックチェーンベースの決済システムを推進するDiemにとって理想的なパートナーです。

私たちは、消費者と企業にとって安全で、決済をより早く、より安くし、ブロックチェーン技術を活用して、世界中のより多くの人々に金融システムの恩恵をもたらす決済システムを目指しています。この共通のビジョンを実現するためにシルバーゲートと協力できることを楽しみにしています」とコメントしている。

シルバーゲート社のCEOであるアラン・レーン(Alan Lane)氏は「私たちは、米ドル建てステーブルコインの将来性と既存の決済システムを一変させる可能性を信じています。

また私たちはDiemの技術と、規制に準拠した決済システムを構築し、安全でセキュアな資金移動手段を提供するというコミットメントに感銘を受けています。このプロダクトを自信を持って発表できる段階に来たことを嬉しく思います」とコメントしている。

編集部のコメント

現在Diem協会は決済サービスプロバイダー、ソーシャル・インパクト・パートナーなど26のメンバーで構成されています。メンバーはSpotify、Uber、Shopifyなどライフスタイル関連のテクノロジー企業も存在している。

参考:Diem

(images:iStocks/pgraphis・Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した