スマートアプリ、エンバウンド、日本暗号資産市場、マネーパートナーズソリューションズが提携 「温泉むすめ」 NFTを活用した温泉地の地方創生で連携へ

スマートアプリ、エンバウンド、日本暗号資産市場、マネーパートナーズソリューションズが提携

NFTマーケットプレイス「nanakusa」を運営する株式会社スマートアプリ、NFTを活⽤した温泉地の地域活性化を⽬的として観光庁後援の「温泉むすめ」プロジェクトを⼿がける株式会社エンバウンド、⽇本円を対象としたステーブルコイン「JPYC」を発⾏する⽇本暗号資産市場株式会社、情報システムの構築・サポートを⾏う株式会社マネーパートナーズソリューションズ(MPS)が提携したことを5月12日に発表した。

この提携により4社は、新型コロナウィルス感染症の影響により閉塞した温泉地の現状を打破すべく、各企業のもつ資産やノウハウを活かし、NFTを活⽤した地⽅創⽣を推進する。

地方創生の内容として、温泉地の魅⼒発信・ファンづくりにおける「温泉むすめ」NFT活⽤とERC20前払式⽀払⼿段を活⽤した観光客誘致・地域活性化を行うとのことだ。

編集部のコメント

リリースによると「温泉むすめ」プロジェクトは、全国の温泉地をモチーフとした⼆次元キャラクターを制作し、コミックやノベル、ゲームや⾳楽等による多⾯的なメディア展開を実施し、若年層や外国⼈観光客に向けて、温泉地や地域の魅⼒を伝え、来訪を促進することを主⽬的としているとのことです。

また運営会社であるエンバウンドは内閣府からクールジャパン企業20社に選ばれ、キャラクターたちは有⾺温泉、道後温泉など国内外8か所の観光⼤使に任命されている。さらに神⼾市(兵庫県)と⽶沢市(⼭形県)では市の公認キャラクターとなっており、2019年6⽉からは、それまでの活動実績を認められ観光庁後援プロジェクトになっています。

なお2020年には訪⽇誘客キャンペーン「YourJapan2020」に採択され、⽇本を代表するインバウンド向けコンテンツの⼀つに選出されています。

参考:温泉むすめ

おすすめ記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

(images:iStocks/Agaten

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論