ジーニーズ(Genies)がダッパーラボやコインベースらから約71億円の資金調達、Flow上にマーケットプレイス構築

ジーニーズがダッパーラボやコインベースらから約71億円の資金調達

米アバター・テクノロジー企業のGenies(ジーニーズ)が合計6,500万ドル(約71億円)のシリーズB資金調達ラウンドを完了したことを5月3日に発表した。

https://twitter.com/genies/status/1389332276819873794

発表によると調達した資金は、ジーニーズのアバター技術への投資と、Dapper Labs(ダッパーラボ)の独自ブロックチェーンFlow(フロウ)上で構築されるデジタル・グッズ ・マーケットプレイス「Genies Marketplace」の開発のために利用される予定とのことだ。

なお今回の資金調達ラウンドは米サンフランシスコのベンチャーキャピタルであるBONDの主導で行われ、他にもDapper Labs、Coinbase Ventures、Polychain Capital、Hashkey Capital、歌手のショーン・メンデス、カミラ・カベロ、ショーンのマネージャーであるアンドリュー・ガートラー氏らを含めた新規および既存投資家も参加をしたとのことだ。

「Genies Marketplace」ではジーニーズの著名人アバターとウェアラブルがNFTとして出品される予定となっている。ジーニーズのアプリを利用するユーザーはNFTを購入し、そのウェアラブルを自分のアバターに着させることができるとのこと。また「Genies Marketplace」ではアバターのウェアラブルNFTという形で、著名人と消費者が直接つながりを持てるようになるとのことだ。

参考:GeniesVB

(images:iStock/ntoniokhr・BadBrother)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

Sponsored