国内NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」、5月28日に開催決定

国内NFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」、5月28日に開催決定

⼀般社団法⼈ブロックチェーンコンテンツ協会がNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo」を5月28日に開催することを発表した。

このイベントは2018年より株式会社グラコネの代表取締役である藤本真衣⽒が発起人として始まったNFTカンファレンス「Tokyo Blockchain Game Conference」の第4回目となるカンファレンスだ。

今回はブームを超えたNFTの未来を語る場を早急に設けるため、例年よりも早い時期に「Non Fungible Tokyo」と題して開催することになったとのこと。

開催日時は2021年5⽉28⽇12:00~19:00の予定となっており、場所は東京都品川区のTunnel Tokyoにて行われる。なおオンライン専用VR会場も試験的に設置予定とのことで、オフライン約100名、VR会場が1000名の想定で開催される。

現在登壇を予定しているのは、Animoca Barnds、Anique、Axie Infinity、BlockTower Capital、dapper Labs inc、Rarible、 Crypto Games株式会社、スタートバーン株式会社、株式会社Smart App、doublejump.tokyo株式会社、株式会社クオン、株式会社gumi Cryptos、株式会社フィナンシェ、その他多数の業界や企業と調整を行っているとのことだ。

関連記事

2019年開催の「Tokyo Blockchain Game Conference」の模様はこちら

「ブロックチェーンゲームの最先端がここに」Tokyo Block Cain Game Conference 2019イベントレポート 

おすすめの記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

(images:iStock/artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと