海運会社MSC、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)導入へ

海運会社MSC、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)導入へ

スイスのジュネーヴに拠点を置く海運会社MSC(Mediterranean Shipping Company S.A.)が、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)の正式導入を4月28日発表した。

MSCは世界155カ国に524の事業所を持ち、同社が抱える船隊215以上の貿易ルートを航行し、500以上の港に寄港するという。またコンテナ船の船腹面積では、世界第一位のマースクラインに次ぐ第二位を誇る海運会社である。

今回MSCが導入したeBLを発行する船荷証券ソリューション「WAVE BL」を利用することにより、荷主をはじめとするサプライチェーンの主要なステークホルダーが日々の業務に変更や支障をきたすことなく、船荷証券文書を電子的に受け取り、送信することを可能にするという。

リリースによると海運業界では、現行の船荷証券からeBLに移行することで年間40億ドル以上のコスト削減が可能とのことだ。また輸出業者、輸入業者、貿易業者は2021年内であれば「WAVE BL」を無料で利用できるとのことで、ユーザーが支払うのは書類の原本を発行する費用のみで、サービスを利用するためにITインフラへの投資や運用の変更は必要ないとしている。

MSCのグローバル・チーフ・デジタル&インフォメーション・オフィサーであるアンドレ・シムハ(André Simha)氏はリリースにて「MSCがWAVE BLを採用したのは、海運・貨物輸送業界が慣れ親しんでいる従来の紙ベースのプロセスを反映した唯一のソリューションだからです」と「WAVE BL」採用の理由を説明している。

参考:WAVEBL

(images:iStock/Tryaging・Igor-Korchak)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと