海運会社MSC、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)導入へ

海運会社MSC、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)導入へ

スイスのジュネーヴに拠点を置く海運会社MSC(Mediterranean Shipping Company S.A.)が、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)の正式導入を4月28日発表した。

MSCは世界155カ国に524の事業所を持ち、同社が抱える船隊215以上の貿易ルートを航行し、500以上の港に寄港するという。またコンテナ船の船腹面積では、世界第一位のマースクラインに次ぐ第二位を誇る海運会社である。

今回MSCが導入したeBLを発行する船荷証券ソリューション「WAVE BL」を利用することにより、荷主をはじめとするサプライチェーンの主要なステークホルダーが日々の業務に変更や支障をきたすことなく、船荷証券文書を電子的に受け取り、送信することを可能にするという。

リリースによると海運業界では、現行の船荷証券からeBLに移行することで年間40億ドル以上のコスト削減が可能とのことだ。また輸出業者、輸入業者、貿易業者は2021年内であれば「WAVE BL」を無料で利用できるとのことで、ユーザーが支払うのは書類の原本を発行する費用のみで、サービスを利用するためにITインフラへの投資や運用の変更は必要ないとしている。

MSCのグローバル・チーフ・デジタル&インフォメーション・オフィサーであるアンドレ・シムハ(André Simha)氏はリリースにて「MSCがWAVE BLを採用したのは、海運・貨物輸送業界が慣れ親しんでいる従来の紙ベースのプロセスを反映した唯一のソリューションだからです」と「WAVE BL」採用の理由を説明している。

参考:WAVEBL

(images:iStock/Tryaging・Igor-Korchak)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored