【取材】Dev Protocolがスイスツーク州に新会社設立(代表取締役社長 原 麻由美)

日本発のDeFiプロトコル「Dev Protocol」を開発するフレームダブルオー株式会社がクリプトバレーとして知られるスイス ツーク州を拠点に、新会社「Dev Null AG」を設立したことを発表した。

「Dev Null AG」はフレームダブルオー株式会社の100%子会社で、経営陣にはCEO 原 麻由美氏、CTO Aggre氏、COO 宮本麻利子氏、取締役Eelco Fiole氏が就任している。

あわせて、取締役にTezos財団CFOや多くの著名プロジェクトのコンサルタントを務めたEelco Fiole(エルコ・フィオール)氏を迎えいれたことも発表されている。

新会社「Dev Null AG」では新たな経営体制の下、プロトコルのガバナンスを強化するとともに、DAO(自律分散型組織)の実現への展開を加速していくとのことだ。

エルコ・フィオール氏は「「Dev Null の取締役として参加できたことにこの上ない喜びを感じています。次世代のレベルのブロックチェーンイノベーションとOSSプロジェクトのトークン化を支援するDev Protocol は、それらを2020年に見事にローンチしており、プロジェクト数は既に1600以上あります。

Dev Nullは有望なブロックチェーン起業家のために新たな金融の可能性を開くと共に、完全に新しい分野の代替投資機会を提供します」とコメントしている。

あたらしい経済編集部はフレームダブルオー株式会社代表取締役社長の原 麻由美氏に取材を行った。

フレームダブルオー代表取締役社長の原 麻由美氏に取材

-新会社の拠点をスイスツークにした理由を教えていただけますか?

フレームダブルオーの拠点を新たにスイスのツークにした理由は5つありますので、箇条書きにて説明させてください。

1.クリプトに関する規制がすでに整っていること。

2.行政レベルでのクリプトフレンドリーな姿勢(ちなみに資本金はETHで支払いました。)

3.クリプトに関して世界最高レベルの弁護士ファームの存在 。

4.クリプトバレーでビジネスすることのネットワーク効果。

5.スイス人のライフワークバランスを重視する温厚な姿勢が日本人にも通じると共感したため。

このように5つの理由から、クリプトバレーであるスイスと、クリエイター大国日本の両方の良さを生かしてクリエイターエコノミーの価値向上に更に取り組みたいと考えています。

(images:iStocks/simpson33)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored