バービー人形で有名なマテル、NFT参入か

バービー人形で有名なマテル、NFT参入か

バービー人形やホットウィールなどのブランドの親会社であるマテル(Mattel)が、同社のコレクターブランドのNFT(ノンファンジブル・トークン)化への検討を4月22日発表した。このことは2021年第1四半期決算説明会にて明らかにされた。

投資銀行であるD.A.デビッドソンのアナリストからの「NFTの検討はしているのでしょうか」という質問に対して、

マテル社のCEOであるノイン・クライツ(Ynon Kreiz)氏は「私たちは、子どもと家族のための最強のカタログを持つフランチャイズのオーナーとして、オーナーシップに重点を置いています。そして私たちには新しいエキサイティングな方法でブランドを商品化する機会があります。

私たちは権利をライセンスする必要はありません。私たちは権利を所有しており、NFTを含むあらゆるタイプの機会を検討しています。特に私たちが所有する不朽の名作のファン層やコレクター層を考えると、NFTは間違いなくチャンスがあると思います」と答えている。

マテル社は2021年度の年間売上高が6%から8%増加するとの見通しを発表していて、これは「IP-DRIVEN High-Performing Toy Company(IPドリブン・ハイパフォーミング・トイ・カンパニー)」を掲げ経営を行ってきた結果となったことを説明している。

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

参考:Mattel Inc (MAT) Q1 2021 Earnings Call Transcript

(images:iStock/Dendenal81)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ