NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供

NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携

NFTマーケットプレイス「nanakusa(ナナクサ)」を運営する株式会社スマートアプリと暗号資産(仮想通貨)の財務・管理会計ソフト「Gtax(ジータックス)」を提供する株式会社Aerial Partnersが提携し、nanakusa公認クリプトアーティスト向けに「Gtax for Creators」を提供することを4月22日発表した。

今回両社が共同開発した「nanakusa」専用サービス「Gtax for Creators」により、公認クリプトアーティストはNFT販売収入やロイヤリティ収入等の煩雑な売上管理から解放され、アーティスト活動に専念できるとのことだ。

「Gtax for Creators」の主な機能として、「nanakusa上での売上及びロイヤリティ手数料等を自動で認識、タイムリーに日本円ベースで収益を認識が可能」、「指定の国内取引所での仮想通貨の日本円への換金について、その損益の計算が可能」、「青色申告用の仕訳データの取得が可能」となっている。

利用についてはnanakusa公認クリプトアーティスト専用となっており、利用開始年(登録年の年末まで)無料とのことだ。なお法人については、初年から費用がかかる。

関連記事:特集「NFT大解剖」

特集「NFT大解剖」

参考:Aerial Partners

(images:iStock/Lidiia-Moor・your_photo)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している