損害保険料のビットコイン払い対応、大手保険会社アクサ・スイス

損害保険料のビットコイン払い対応、大手保険会社アクサ・スイス

大手保険会社アクサ・スイスが保険料のビットコイン払いを可能にしたことを発表した。

ビットコイン払いに対応する保険はすべての損害保険商品だ。生命保険商品は規制上の理由により対応できていないとのことだ。

アクサ・スイスのオープン・イノベーション部門の責任者であるクラウディア・ビエンテュー(Claudia Bienentreu)氏は「これは、新しいテクノロジーがますます大きな役割を果たす中で、オルタナティブ・ペイメント・ソリューションを求めるお客様の声の高まりにアクサが応えたものです」と述べている。

編集部のコメント                 

アクサ・スイスは2019年末に暗号資産に関する市場調査を18歳から55歳までの人を対象に行っています。その際に回答者の約3分の1が暗号資産について「すでにいくつか所有している」「興味がある」と答えていたとのことです。今回のアクサの取り組みからみても、2021年現在のスイスではより多くの人が暗号資産に興味を持ち、保有している可能性はかなり高いと思われます。

参考:アクサ

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Abscent84・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ