マイケル・ジョーダンやショーン・メンデスも出資、「NBA Top Shot」運営のDapper Labsが約330億円の資金調達

マイケル・ジョーダンやショーン・メンデスも出資、「NBA Top Shot」運営のDapper Labsが約330億円の資金調達

「NBA Top Shot」やブロックチェーン「Flow」を開発しているダッパーラボ(Dapper Labs)が約330億円(3億500万ドル)の資金調達を完了したことを発表した。企業評価額は約2,800億(260億ドル)となっている。

「NBA Top Shot」は、オープンベータ版を開始して5ヶ月で、約520億円(約5億ドル)のコレクターズアイテムが売買され、80万人以上の登録アカウント、少なくとも1つのNFTを持つ338,000人以上の顧客、300万件以上の取引が行われているとのこと。

この資金調達をリードしたのはコーチュー・マネジメント(Coatue Management)だ。コーチュー・マネジメントはフィリップ・ラフォン(Philippe Laffont)氏が率いるテクノロジーに特化したグローバル投資ファンド。Alibaba、Facebook、Netflix、Amazon、Twitterなど有名企業に投資してきてきた実績がある。

今回ダッパーラボへ投資を行ったのは、NBAのレジェンドであるマイケル・ジョーダン氏をはじめ、ケビン・デュラント、アンドレ・イグダーラ、カイル・ローリー、スペンサー・ディンウィディ、アンドレ・ドラモンド、アレックス・カルーソ、マイケル・カーター・ウィリアムス、ジョシュ・ハート、ウドニス・ハスレム、ジャベール・マギー、クリス・ミドルトン、ドマンタス・サボニスなどのNBA現役選手やファンド。

またアシュトン・カッチャーとガイ・オザリーのサウンド・ベンチャーズ、ウィル・スミスと本田圭佑のDreamers VC、ショーン・メンデスとアンドリュー・ガートラーのAG Ventures、シェイ・ミッチェル、2チェインズなど、エンターテインメントや音楽界の大物たちも参加。

その他、a16z、The Chernin Group、USV、Version One、Venrockなどの投資家も参加した。

そしてこのラウンドの追加投資家はティム・ベッカム、ノーラン・アレナドなどのMLB選手、NFL選手。ケン・クローリー、トーマス・デイビス、ステフォン・ディグス、ディー・フォード、マルコム・ジェンキンス、ロドニー・マクロード、ジョーダン・マシュー、デビン・マコーティ、ジェイソン・マコーティ、DKメトカーフ、タイロッド・テイラー、トレント・ウィリアムズなどのNFL選手、ヴィヴェック・ラナディヴ(キングスなどのチームオーナー、著名なスポーツ投資家であるBolt Venturesなどだ。

調達資金は、Dapper Labsチームの規模を拡大し、「NBA Top Shot」のビジョンを構築し続け、他のスポーツにもプラットフォームを拡大し、新世代のクリエイターがNFTを含むブロックチェーン技術を使って魅力的な体験を開発するのを支援するために使用される。

Dapper Labs社のCEOであるロハム・ガレゴスルー(Roham Gharegozlou)氏は「NBA Top Shotが成功したのは、バスケットボールのファンダメンタルを利用しているからであり、人々が自分の好きなチームや選手とつながるための、よりエキサイティングな新しい方法なのです。私たちは、他のスポーツリーグにも同じような魔法をかけたいと思っています。NFTは、広告やスポンサーシップよりもはるかにファンに利益をもたらす、メディアの新しいモデルを実現します」と述べています。

サーティファイブ・ベンチャーズの共同設立者であるケビン・デュラント氏は「NBA Top Shotは、新しい技術がメディアとスポーツファンの状況をいかに迅速に変化させるかを示す、これまで見た中で最も優れたデモンストレーションの一つです。Flow Blockchain上で起こっているすべてのことの進展を追い、ボードルームとのプラットフォームを使って、新しい方法でファンとつながることに興奮しています」とコメントしている。

Dapper LabsのCTOであり、CryptoKittiesのベースとなった最初のnon fungibleトークン規格を作成したディーター・シャイリー(Dieter Shirely)氏は「NFTは、誰もが永遠に使えるユニークなデジタルアイテムを初めて作ることができ、顧客が望む場所でさまざまな製品に持ち運ぶことができます。NFTは、ゲームやデジタルワールドにおいて、人々に初めて本当の所有権を与えるものです。Flowのようなブロックチェーン上で、NFTはインターネットをより良く再配線することができます」と述べている。

編集部のコメント

Flowのメインネット上ですでに稼働しているプロダクトには、ビジュアルアーティストのベン・マウロ(Ben Mauro)氏が200万ドルのコレクションカードを瞬時に完売させたアートマーケットプレイス「Viv3」、ウォレットソリューション提供「Blocto」

参考:リリース原文

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStokcs/pgraphis・ChrisGorgio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行