シンガポール政府支援の投資会社テマセク子会社発行の債券をトークン化

シンガポール政府支援の投資会社テマセク子会社発行の債券をトークン化

シンガポールを拠点とする証券トークン化プラットフォームであるアイストックス(iSTOX)が、投資商品を開発するシンガポールの企業アザレア(Azalea)の発行したプライベートエクイティー債券アストレアシックス(AstreaVI)をトークン化したことを3月22日に発表した。

アザレアはシンガポール政府の所有する投資会社テマセク(Temasek)の子会社であるため、アイストックスは間接的に政府が支援するプライベートエクイティー債券をトークン化したことになる。

今回トークン化された債券はアストレアシックスのクラスA-2およびクラスBとなっており、トークン化を行うことで、最小投資単位を減少させることに成功したとのこと。具体的にはクラスBの最低投資額が2,200万円(200,000ドル)から220万円(20,000ドル)へと減少し、クラスA-2の最低投資額も540万円(50,000ドル)から220万円(20,000ドル)へ減少した。最低投資額が削減されたことで、より多くの投資家がアイストックスの取引所でトークンを取引できるようになったとのことだ。

アイストックスのCCOであるチュー・オイ・イー(Choo Oi Yee)氏は「アイストックス社は、アザレア社と同様に、プライベートマーケットの民主化を目指し、プライベートエクイティをはじめとするプライベートアセットクラスの利益が、より多くの小口投資家に平等に行き渡るようにすることを目指しています」と述べている。

参考:iSTOX 

(images:iStocks/Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない