金融とファンマーケティングの融合を目指す、ファンズの「FinCommunity Marketing」とは(ファンズ株式会社 藤田雄一郎/髙井嘉朗)

竹田匡宏

金融とファンマーケティングの融合を目指す、ファンズの「FinCommunity Marketing」

ファンズ株式会社は貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」を運営する企業です。

同社は先日(株)電通グループと資本業務提携及び個人と企業を貸付ファンドでつなぐ新たなファンコミュニティ施策“FinCommunity Marketing”の共同開発を発表しました。

これはファンズが運営する貸付投資プラットフォームと個人投資家ネットワークを活用し、貸付型ファンドを通じて、個人と企業がつながる新たなファンコミュニティ施策を開発・展開するという発表でした。

一般的な貸付型ファンドサービスでは、利用する企業はファンドを募ることで資金を調達し、一般の投資家は投資による利回りを得るだけでした。その企業と個人の関係の間に新たなファンコミュニティとそれを活用したマーケティング手法を創出していこうというプロジェクトです。

ファンズはまさに金融とそこから生まれるコミュニティマーケティングの可能性を探ろうとしています。このプロジェクトは暗号資産、ブロックチェーンを活用したものではありませんが、お金を通じて新たなコミュニティを作るという点は、トークンエコノミーや新たな資金調達の形を描く暗号資産のプロジェクトに通じるものがあります。

今回ファンズ株式会社の代表取締役 藤田雄一郎氏と同社事業開発部マーケティングディレクター髙井嘉朗氏(電通から出向)のお二人に、「Funds」のサービスについて、ファンズと電通で目指すFinCommunity(フィンコミュニティ)とそこから生まれる新たなマーケティング手法について、そしてフィンテックの中でブロックチェーンをどのように考えているかについて語っていただきました。

○関連情報

・FinCommunityについて

・「Funds」サイトはこちら
https://funds.jp/

音声での再生は以下から

インタビューイ・プロフィール

藤田雄一郎
ファンズ株式会社代表取締役
早稲田大学商学部卒業後、株式会社サイバーエージェントに入社。2007年にマーケティング支援事業を行う企業を創業し、2012年上場企業に売却。2013年に大手ソーシャルレンディングサービスの立ち上げに経営メンバーとして参画。2016年11月に株式会社クラウドポート(現ファンズ株式会社)を創業。

髙井嘉朗
ファンズ株式会社事業開発部マーケティングディレクター
電通入社後、メディア、マーケティング領域を経てビジネスプロデューサーとして業界最大手企業からスタートアップまで担当。電通主催のアクセラレータープログラムでグランプリを導いたことをきっかけにFundsと資本業務提携を締結。2020年5月より出向し、事業共創に従事。「スタートアップ×電通」の新しいあり方に挑戦中。

あたらしい経済「NOW」とは

ブロックチェーン専門メディア「あたらしい経済」がニュースの「今」を業界内外の有識者にリモートで取材し、ほぼ「生」でお届けする新企画。

今後もどんどんと取材をしていきますのでYOUTUBEのチャンネル登録をぜひ!

→チャンネル登録はこちら

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学卒業。
幻冬舎で「あたらしい経済」の編集者・記者。
また個人活動としては「死ぬまで毎日ブログを書く」という約束をもとにブログ「たっけのメモ」を4年間運営。ラジオ番組「ミレニアル世代のアタマの中」のパーソナリティー。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学卒業。
幻冬舎で「あたらしい経済」の編集者・記者。
また個人活動としては「死ぬまで毎日ブログを書く」という約束をもとにブログ「たっけのメモ」を4年間運営。ラジオ番組「ミレニアル世代のアタマの中」のパーソナリティー。

この特集のその他の記事

新型コロナウイルスにテクノロジーや政治はどう向き合うべきか?タイ滞在中の大日方祐介氏に緊急取材

新型コロナウイルスによるタイをはじめとしたアジア各国の今、世界のブロックチェーン業界の現状、そしてブロックチェーンをはじめとするテクノロジーを持って新型コロナウイルスと私たちはどう戦うべきか、国家と個人のあり方などについて大日方氏に語っていただきました

「After GAFA」と「After COVID-19」、新型コロナウイルスという脅威は分散化を加速させるか? (インフォバーンCVO 小林弘人氏)

『After GAFA 分散化する世界の未来地図』(KADOKAWA)を出版した小林弘人氏に著書について、新型コロナウイルスという脅威は私たちに分散化を促すのか、この状況でメディアに求められること、中央集権と分散化のバランスなどについて語っていただきました。

金融とファンマーケティングの融合を目指す、ファンズの「FinCommunity Marketing」とは(ファンズ株式会社 藤田雄一郎/髙井嘉朗)

ファンズ株式会社は貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」を運営する企業です。 同社は先日、(株)電通グループと資本業務提携及び個人と企業を貸付ファンドでつなぐ新たなファンコミュニティ施策“FinCommunity Marketing”を共同開発を発表しました。 これはファンズが運営する貸付投資プラットフォームと個人投資家ネットワークを活用し、貸付型ファンドを通じて、個人と企業がつながる新たなファンコミュニティ施策を開発・展開するという発表でした。

なぜデータの相互運用性が求められるのか インターオペラビリティを実現するDatachain「Cross Framework」とは

株式会社Datachainは2018年に設立された、データプラットフォーム事業や各種アプリケーションの企画・開発・運用する企業です。同社は今年3月にトヨタフィナンシャルサービスとともに車両の価値証明と所有移転に係る実証実験を実施したことも発表しています