特集 CryptoAgeイベントレポート

この特集をシェア

人気の特集

最新の記事

IBMがブロックチェーンベースの国際決済ネットワーク「Blockchain World Wire」を発表、スタートバーンが3.1億円の資金調達、取締役COOに元AnyPay大野紗和子氏が就任などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

IBMがブロックチェーンベースの国際決済ネットワーク「Blockchain World Wire」を発表 ・「アート×ブロックチェーン」のスタートバーンがUTEC、SXキャピタル、電通等から3.1億円の資金調達。取締役COOに元AnyPay大野紗和子氏、社外取締役に元クリスティーズ片山龍太郎氏が就任 ・米VISAが暗号資産関連の新サービス開発に向け人材を募集

「アート☓ブロックチェーン」のスタートバーン、UTEC、SXキャピタル、電通等から3.1億円の資金調達。取締役COOに元AnyPay大野紗和子氏、社外取締役に元クリスティーズ片山龍太郎氏が就任(あたらしい経済 VOICE RELEASE)

今回は「『アート☓ブロックチェーン』のスタートバーン、UTEC、SXキャピタル、電通等から3.1億円の資金調達。取締役COOに元AnyPay大野紗和子氏、社外取締役に元クリスティーズ片山龍太郎氏が就任」というプレスリリース内容について元AnyPayのCEOで、今回スタートバーン株式会社の取締役COOに就任した大野紗和子氏に音声でリリースの内容を語っていただきました。

大阪ガスがブロックチェーンでの電力個人間取引の居住者実証試験実施を発表、コインチェックがBitcoinSVの日本円による交付を発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

大阪ガスがブロックチェーンでの電力個人間取引の居住者実証試験実施を発表 ・コインチェックがBitcoinSVの日本円による交付 を発表 ・SECのバレリー・シュシェパニャク氏が、一部のステーブルコインが証券と分類される可能性を示す ・HashHub、ChainTope、Fressetsによる「ブロックチェーン開発者のためのGBECコミュニティイベント」レポート

日本政府が仮想通貨関する金商法等の改正案閣議決定、日立がブロックチェーンクラウドサービス販売、本田圭佑氏と宮口あや氏がフィナンシェのアドバイザー就任などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

日本政府が仮想通貨(暗号資産)に関する金融商品取引法と資金決済法の改正案を閣議決定 ・次世代型SNS「FiNANCiE」の株式会社フィナンシェが3億円を資金調達し、さらに本田圭佑氏、宮口あや氏が「FiNANCiE」アドバイザーに就任 ・日立がブロックチェーンを活用した安定性の高い取引を支援する「Hitachi Blockchain Service for Hyperledger Fabric」を販売開始

Cosmosが正式リリース、エストニアblockhiveが日本法人設立、声で伝えるプレスリリース「VOICE RELEASE」スタートなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

「ブロックチェーンのインターネット」Cosmosが正式リリース ・エストニアblockhive OÜが日本国内での事業展開を視野に株式会社blockhiveを設立 ・シャトル・ホールディングスが、IBMの技術を使った仮想通貨のカストディサービスのベータ版を今月中に発表予定 ・バイナンスの公式ウォレット「Trust Wallet」がXRPを追加。クレジットカードでの購入が可能に

ブロックチェーン開発企業Stakedがコンセンサスアルゴリズムをシームレスに変更できるブロックチェーン「Proskenion(プロスケニオン)」発表(あたらしい経済 VOICE RELEASE)

今回の声で伝えるプレスリリース「VOICE RELEASE(ボイスリリース)」は「ブロックチェーン開発企業Staked、コンセンサスアルゴリズムをシームレスに変更できるブロックチェーン、Proskenionを発表」というプレスリリース内容についてStaked株式会社の代表取締役である渡辺 創太氏とCTOの山下琢巳氏に音声でリリースの内容を語っていただきました。

幻冬舎のブロックチェーン・仮想通貨(暗号資産)メディア「あたらしい経済」が新企画「声で伝えるプレスリリース『VOICE RELEASE(ボイスリリース)』」をスタート

「VOICE RELEASE」は「ニュースは直接その当事者の方に声で語っていただいた方が、より正しく伝わるはず」をコンセプトにした音声によるプレスリリース企画です。様々な企業や団体がプレスリリースを行う際に、「あたらしい経済」編集部員がインタビューをさせていただき、そのリリースの内容を音声にして読者にお届けします。

トークンの価格とシニョリッジ(通貨発行益)を考察する

まずはシニョリッジ(通貨発行益)を具体的な例をあげて解説します。それでは1億枚のトークンを発行する際にかかる費用を考えてみましょう。それには最低限トークンを発行する仕組みを作るエンジニア、弁護士等の費用がかかりますね。 仮に直接的な原価は5000万円だとしても、スタートアップ全体の機会費用まで入れて考えると10億円位と試算できるかもしれません。この場合この会社が1億枚のトークンを発行すると1トークンあたりの原価は10円となります。

ForteとリップルのXpringがブロックチェーンゲームの1億ドルのファンドを設立、コインチェックハッキングは北朝鮮ハッカー集団の可能性がなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ForteとリップルのXpringがブロックチェーンゲーム開発者を支援するための1億ドル(約111億円)のファンドを設立・連邦安全保障理事会の専門家パネルが2018年のコインチェックへのハッキングは北朝鮮ハッカー集団「Lazarus Group」の可能性があることを明らかに・ステーブルコインのPaxos Standard CEO CHADが金と連動の仮想通貨を 2019年に発表すると発言