連載 ゼロから分かるトークンエコノミー ブロックチェーンは社会をどう変えるのか?

この連載をシェア

トークンエコノミーの価値を左右するインセンティブデザインとモチベーションコントロール

ブロックチェーンの本質は、トークンエコノミーの形成にある。インセンティブデザインとモチベーションコントロールを循環の設計に組み込むことで、より多くのステークホルダーがトークンエコノミーに参加するようになり、トークンの価値は最大化される。トークンエコノミーにおける価値の最大化の仕組みと、なぜ価値を最大化する必要があるかについて解説するコラム。

「個」の価値が最大化できる未来。トークンエコノミーで蓄積されたKYCは、あなたが新しい経済を生き抜くポートフォリオになる

「ゼロから分かるトークンエコノミー ブロックチェーンは社会をどう変えるのか?」連載最終回。個の特性を活かした暮らしを実現し得る画期的な経済の仕組みであるトークンエコノミー。個人情報や第三者機関を要さずに個人の信用を担保される世界とは? 既存のKYCとは異なる新しい社会的信用の形が創出されると、経済にどのような影響が生まれるのか?トークンエコノミーにおけるKYCと、「個」の価値について解説する。

最新の記事

ハードウォレットTrezorが単体で通貨取引できる機能、Binanceが取引所開設でシンガポール国有企業傘下 Vertex Venturesから投資受ける、金融サービスCAMPFIRE Bank提供開始など6つのブロックチェーン・仮想通貨ニュース

ハードウェアウォレットTrezorが単体で仮想通貨取引できる機能を追加 Binanceが法定通貨対応取引所の開設でシンガポール国有企業傘下のヴァーテックス・ベンチャーズ(Vertex Ventures)から投資を受ける

EthereumのConstantinople延期発表、ブロックチェーンエンジニアの給料高騰1500万円以上に、米国SEC「FinHub」開設、日銀副総裁が仮想通貨は「決済で広く使われるハードルは相当高い」など6つのブロックチェーン・仮想通貨ニュース

thereumのハードフォーク「コンスタンチノープル(Constantinople)」の延期が発表 ブロックチェーンエンジニアの給料が高騰し、相場が1500万円以上に

ビルゲイツ財団がコイルと提携、ゴールドマンSなどがBitGoへ出資、アマゾンAWS中国部門がQtumと提携、米国のクリプト・BC系求人300%増など6つのブロックチェーン・仮想通貨ニュース

ビル&メリンダ・ゲイツ財団がリップルラボとデジタル決済会社コイル(Coil)と提携 ゴールドマン・サックスとギャラクシー・デジタル社が米国で仮想通貨カストディサービスを手掛けるBitGoへ1500万ドル出資

世界で戦えるブロックチェーン企業を目指す、LayerXの挑戦 PoT #01-5 LayerX福島良典×Nayuta栗元憲一

僕がGunosyの代表を降りてまでなんでやるのかというと、世の中が大きく変わる時ってそんなに無いと思っているからです。結局この20年で何が発展したかというとインターネットですよね。そしてここ5年で何に張るべきでしたかというとモバイルでした。そして今、自分が完全にゼロの状態で起業家として何に賭けるかなというと、やっぱりブロックチェーンだと強く感じました。

Omiseが三井不動産などから資金調達、BinanceがChainalysisとパートナーシップ締結、三菱UFJ銀行が計画中のステーブルコインの名称変更、タイムバンクがシンガポール子会社「Timelab」設立など6つのブロックチェーン・仮想通貨ニュース

Omiseが三井不動産・グローバルブレインなどから資金調達 Binanceがブロックチェーン取引の分析・監視ソフトを開発しているチェーンアナリシス(Chainalysis)とパートナーシップ締結

ブロックチェーンは世界に正しい評価をもたらすか? PoT #01-3 LayerX福島良典×Nayuta栗元憲一

ブロックチェーンは個人を助ける新しい公共財だと僕は思っています。 抽象的な話ですが、たとえばゴミを拾ったという行為は社会的コストを下げていますよね。でも今だとこの行為は換金できないんです。でもブロックチェーンを使えばそれができるようになるかもしれない。つまりブロックチェーンは究極的な個人の信用を支えるインフラになるんじゃないかと思っています。