川本栄介

DMMスマートコントラクト事業部長
1999年にDMM.com(当時のdooga)入社。動画月額配信、物販事業、ライブチャット事業に従事。2006年にDMMを離れSler、楽天、サイバーエージェント、複数のベンチャー企業で新規事業立ち上げに携わった後、2016年DMM.com復帰。オンラインサロン事業部長などを経て、現職。現在はブロックチェーンの革新性の虜になり、その本質であるトークンエコノミーで社会を変えるべく邁進中。

DMMスマートコントラクト事業部長
1999年にDMM.com(当時のdooga)入社。動画月額配信、物販事業、ライブチャット事業に従事。2006年にDMMを離れSler、楽天、サイバーエージェント、複数のベンチャー企業で新規事業立ち上げに携わった後、2016年DMM.com復帰。オンラインサロン事業部長などを経て、現職。現在はブロックチェーンの革新性の虜になり、その本質であるトークンエコノミーで社会を変えるべく邁進中。

「個」の価値が最大化できる未来。トークンエコノミーで蓄積されたKYCは、あなたが新しい経済を生き抜くポートフォリオになる

「ゼロから分かるトークンエコノミー ブロックチェーンは社会をどう変えるのか?」連載最終回。個の特性を活かした暮らしを実現し得る画期的な経済の仕組みであるトークンエコノミー。個人情報や第三者機関を要さずに個人の信用を担保される世界とは? 既存のKYCとは異なる新しい社会的信用の形が創出されると、経済にどのような影響が生まれるのか?トークンエコノミーにおけるKYCと、「個」の価値について解説する。

トークンエコノミーの価値を左右するインセンティブデザインとモチベーションコントロール

ブロックチェーンの本質は、トークンエコノミーの形成にある。インセンティブデザインとモチベーションコントロールを循環の設計に組み込むことで、より多くのステークホルダーがトークンエコノミーに参加するようになり、トークンの価値は最大化される。トークンエコノミーにおける価値の最大化の仕組みと、なぜ価値を最大化する必要があるかについて解説するコラム。