【速報】NFTマーケットプレイス「nanakusa」β版サービスが開始(スマートアプリ CEO 高長徳氏に取材)

NFTマーケットプレイス「nanakusa」β版サービスが開始

NFT(ノンファンジブルトークン)を活用したブロックチェーンプラットフォームサービス「GO BASE」を展開する株式会社スマートアプリが日本初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイス「nanakusa」β版のサービスを開始したことを3月22日発表した。

「nanakusa」は事業者やクリプトアーティスト(NFTを活用し様々な制作活動を行うアーティストの総称)が制作した作品をNFTとして発行・販売ができ、また利用者同士が保持しているNFTを売買できるNFT売買プラットフォームサービスだ。NFTはブロックチェーン上で売買されるため、利用者同士の売買においても永続的に事業者・制作者にロイヤリティが還元される仕組みとなっているとのことだ。

今回サービスを開始したβ版では「nanakusa」と提携するブロックチェーンゲーム・コンテンツが発行するNFTについて、イーサリアム及びPolygon(Matic)にて出品と購入ができる。なおPolygonに対応する理由は高騰するトランザクション手数料(GAS代)の解決策である。

また「nanakusa」β版サービス開始に合わせ、NFTの出品・購入が行える提携タイトルが発表された。

【イーサリアム決済対応タイトル】
NFTトレカ、MyCryptoHeroes、CryptoSpells、Brave Frontier Heroes、CHOJO -CryptoGirlsArena-

【Polygon決済対応タイトル】
VtuberNFT、MyCryptoSaga

なお提携タイトルは以下のようにそれぞれ専用ページが用意されている。

NFTトレカ専用ページ
Brave Frontier Heroes専用ページ
VtuberNFT専用ページ

上記のように提携に興味のあるコンテンツホルダー・事業者の募集は継続して行っていくとのことだ。

公認クリプトアーテイスト募集中

また「nanakusa」では先日のサービスリリースの事前発表にて募集を行った「公認クリプトアーテイスト」の募集を4月21日の本リリースに向けて引き続き行っている。「公認クリプトアーテイスト」はデザイナーやイラストレーター、作家、ミュージシャン、声優、動画クリエイターなど幅広いジャンルのアーティストが対象となっており、現在では国内海外の個人クリエイター・チーム・団体などから、合わせて150件以上の応募が集まっているとのことだ。

「公認クリプトアーテイスト」の募集は3月28日23:59まで以下のフォームにて行っている。
→日本語フォーム 
→English form 

スマートアプリ CEO 高長徳氏に取材

公認クリプトアーティストの選考に関して「あたらしい経済」はnanakusaを運営する株式会社スマートアプリ 代表取締役社長CEO 高長徳氏に取材した。

−公認クリプトアーティストは何名ぐらい採用する予定ですか?

高長徳氏(以下、高):採用予定人数に上限を設けておりません。

−選考はどのように実施していますか?

高:すでにクリプトアーティストとして活動している方や、 長くリアルアーティストとして活動していた後に、クリプトアーティストとしても活動されている方に協力頂いております。

−今回幅広いアーティストを募集されてますが、選考に特にどのような点を重視していますか?

高:選考基準の詳細はお伝えできませんが、著作権の無断利用などが見受けられる方はご遠慮いただく予定です。

関連リンク

・nanakusa
https://nanakusa.io

(imaes:iStocks/Kochakorn-Wannanit)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored