VisaのCEOがビットコインとステーブルコインに関するサービスについて言及

VisaのCEOがビットコインとステーブルコインに関するサービスについて言及

米決済大手VisaのCEOであるアル・ケリー(Al Kelly)氏が3月16日に公開されたポッドキャスト番組「Leadership Next」(米出版社Fortune制作)に出演し、自社のビットコインやステーブルコインに関わるサービスについて言及をした。

ポッドキャストのなかでケリー氏は「私たちは2つのことをしようとしています。1つ目はVisaの認証情報でビットコインの購入を可能にすること。2つ目はビットコインウォレットと協力して、ビットコインを法定通貨に変換し、Visaが利用できる世界中の7,000万箇所の場所ですぐに使えるようにすることです」と述べ、またビットコインの法定通貨変換が新興市場において新たな決済手段となる可能性が高いと自身の見解を述べている。

またステーブルコインについては「Visaではステーブルコインを法定通貨に変換できるため、財布の中のVisaカードによって法定通貨に変換されたデジタル通貨を7,000箇所以上の加盟店で使えるようになります」と述べている。

参考リンク:Leadership Next

(imaes:iStocks/iBallBall14・LongQuattro・4×6)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored