【取材】日本もデジタル資産カストディの需要は次第に高まる(NRI担当者へ取材)

日本もデジタル資産カストディの需要は次第に高まる

株式会社野村総合研究所(NRI)がデジタルアセットのカストディアンであるKomainu Holdings Limited(コマイヌ)への出資契約を1月15日に締結していたことを3月9日に発表した。NRIの出資金額は2億円で、出資比率は2.1%。

そしてNRIとKomainuは両社の事業拡大に向け、デジタルアセットのカストディサービスに関連した業務アプリケーションを共同で開発することにも2月25日に合意している。

今後、Komainuは今後カストディ対象資産やサービスの拡張を計画していて、NRIはアプリケーションの提供を通じてKomainuの成長を加速させていきたいと考えている。またNRIは、積極的にデジタルアセット向けのソリューション開発を行い、国内外のマーケットへ提供していく予定だ。

そこであたらしい経済編集部は、NRIが日本国内のデジタルアセットの現状をどのように捉えているのか、NRIの担当者へ取材を行った。

野村総合研究所(NRI)の担当者へ取材

-日本国内でビットコインを含めたデジタル資産へのカストディのニーズは機関投資家などから、 現状どれくらいあると考えられていますか?

機関投資家からの暗号資産に対する注目度はここ最近高まってきていますが、現時点ではまだ、国内におけるデジタル資産のカストディーニーズは、法体系の整備も進んでいないところもあり、限定的であると考えます。

しかし、今後、デジタルアセットは、暗号資産に留まらず様々な形態で発展していくと考えられ、中長期的には、日本でもカストディーの需要が見込まれると想定します。

NRIとしては、世の中と需要の変化に注意を払い、日本の顧客に向けて、適切なサービスを提供していきたいと考えております。

(images:iStocks/boku0203・Pict-Rider)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【独占取材】北島康介が目指すプロスポーツ業界の変革、「Web3.0」で新たなアスリートエコノミーを

「あたらしい経済」はプロスポーツに最先端のテクノロジーを活用しようと試みる、北島康介氏に独占インタビューを実施。北島康介氏がなぜチーム運営にWeb3.0の技術を活用しようと考えたのか、具体的にどのような取り組みを検討しているのかについて訊いた。

【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行

ミスビットコインこと藤本真衣氏が代表を務める株式会社グラコネが、芥川賞作家の上田岳弘氏とコラボしてNFTプロジェクトを開始した。このプロジェクトは「Obsession2020」と名付けられており、現在NFT業界のトレンドになっている「Loot (for Adventurers) 以下:Loot」の仕組みを応用した実証実験とのことだ。なお技術協力としてNandemoToken氏も参画している。

本のゲラがNFT、山口周ベストセラー『ビジネスの未来』の裏側が限られた読者の手へ

今年の4月、NFTマーケットプレイス「ユニマ」の情報が飛び込んできた。そしてユニマのローンチ後にNFTとして販売されるコンテンツの中に、『ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す』という書名、そしてその著者である山口周氏の名前があった。なお当時の発表では、企画詳細については「出版社と実施に向け協議中」となっており明かされていなかった。

Sponsored

【取材】職場コミュニティ活性化支援サービス「PRAISE CARD」とは?(博報堂広報室)

株式会社博報堂と株式会社博報堂コンサルティングが、日本ユニシス株式会社と共同で、職場コミュニティの活性化支援アプリサービス「PRAISE CARD(プレイズ カード)」を開発を8月23日発表した。 「PRAISE CARD」は、職場コミュニティの活性化と、その活性度の分析を通じてコミュニティの状態の可視化を支援するサービスとのこと。コロナ禍のテレワークで離れて業務を行っている社員同士が、専用スマホアプリからデジタルカードを送りあうことで、日頃の協力や行動に対し社員同士で感謝や称賛の気持ちを伝えることができる。

ノーコードでもブロックチェーン開発ハッカソン!? 近大とIOST財団が「HIVEHACK 2021」開催。企業セッションはオンライン無料公開も

近畿大学 理工学部 情報学科 電子商取引研究室とIOST財団が、ノーコードでブロックチェーン技術を活用したプロダクト開発を体験するハッカソン「ブロックチェーン教育ハッカソン HIVEHACK 2021」を8月26日、27日に開催することを発表

Sponsored