CollaboGate Japanがエンタープライズ対応の分散型IDプラットフォーム「UNiD(ユニッド)」のパートナー企業募集開始

CollaboGate Japanがエンタープライズ対応の分散型IDプラットフォーム「UNiD(ユニッド)」のパートナー企業募集開始

CollaboGate Japan株式会社がエンタープライズ対応の分散型IDプラットフォーム「UNiD(ユニッド)」のリリースに際して、パートナー企業募集開始を3月10日発表した。

CollaboGate Japan株式会社はこれまでHR・スマートシティ・金融・ヘルスケア・食品メーカー・IoTなどの業界の国内企業と「UNiD」の共同プロジェクト・実証実験を進めているとのこと。なお同社サイトにはキリン・ネスレ・東急・パーソナルキャリア・古河電工・ルネサス エレクトロニクスのロゴが掲載されている。

CollaboGate Japanが提供する「UNiD」は企業が分散型IDの導入を容易にするツールキットとのことで、既存サービスの改修を必要とせずに分散型IDの機能が導入できるとのこと。

分散型IDは、第三者を必要としない個人が管理する新しいタイプのデジタルIDであり、選択的に自己開示が出来るようになるとのこと。「UNiD」による検証可能な証明書(VC:Verifiable Credential)技術を活用することで、誰でも取引データの正しさをデジタルに検証できるとのこと。またこの分散型IDと検証可能な証明書技術を活用することで、第三者を必要とせず、ウェブ上の取引相手やデータを信頼することができるとのこと。この分散型IDはW3C・DIFなどのウェブ標準化団体を中心に仕様策定が行われており、今後ウェブの国際標準規格となることが期待されているとのことだ。

リリースには「UNiD」が出来ることとして以下が記載されている。(以下引用)

1. Reimagine Customer Experience 個人がパーソナルデータを持ち運び、選択的に自己開示することを可能にします。個々人のプライバシーを守りながら、プラットフォームやサービスを超えたデータ取引を容易にすることで、デジタル世界でのシームレスな顧客体験を創出します。

2. Reimagine Data Verification 検証可能な証明書技術は、誰もが取引データの正しさをデジタルに検証することを可能にします。これにより、あらゆる組織の検証コストを削減し、顧客体験を向上させることができます。e-KYC市場だけで約1,000億円規模に拡大。銀行一行あたり年間約60億円のKYC/AMLコスト削減余地が存在。

3. Reimagine Security Risks 全ての企業が個人情報を保有したいわけではなく、取引相手や情報を検証するために個人情報を必要としています。私たちは、膨大な個人データを保有する代わりに、個人許諾に基づいてパーソナルデータにセキュアにアクセスする仕組みへの移行を支援します。現在の業務内容を変えることなく、不正アクセスやデータ漏洩などのセキュリティリスクを分散させることができます。

4. Reimagine Data Marketing 個人同意を無視した企業中心のデータ・マーケティングが下火になりつつあります。プライバシー保護を前提に、顧客が積極的にパーソナルデータを共有するための透明性の高いデジタルインフラを構築することで、顧客との信頼関係を強化し、ブランドへの信頼を高める支援を行います。

(imaes:iStocks/pgraphis・keko-ka)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored