日本暗号資産市場株式会社が日本円連動ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」リリース

日本暗号資産市場株式会社が日本円連動ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」リリース

日本暗号資産市場株式会社が日本円に連動するステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」の発行と販売開始を1月27日に発表した。

リリースによると「JPYC」は、1JPYC=1円で取引されるステーブルコインでイーサリアムのトークン規格「ERC-20」にて発行されているとのこと。そのためイーサリアム(メインネット)上での取引に利用可能だ。なお「JPYC」は資金決済法上の自家型前払式支払手段であり、暗号資産(仮想通貨)には該当しないとのことだ。

また「JPYC」はJPYCのサイトにてフォームを入力することで、AmazonをはじめとしたECサイトの商品の購入も可能となっている。

「JPYC」の購入は現在日本円で対応しており、今後はビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)による購入も追加される予定とのこと。「JPYC」はJPYC公式サイトから誰でも購入が可能で、購入単価は10,000円、100,000円、1,000,000円となっている。

なお「JPYC」の発行量は順次増やしていく予定とのことで、第一段階として1億円分のJPYC(1億JPYC)を発行し、その90%の量が市場に出回った時に第二段階として10億JPYCの追加発行を行うとのことだ。

また日本暗号資産市場の代表取締役社長の岡部典孝氏は自身のTwitterにて「(JPYCによって)日本円からDeFi等のクリプト世界への接続が超簡単に!今後準備でき次第、クレジットカードでの購入もできるようになる予定です。ここに来るまでに、警察庁や金融庁等各方面に照会を繰り返し、1年半かかりました」とコメントをしている。

(images:iStocks/artsstock・Dmytro-Rohovyi)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。