ロシア地方裁がバイナンス(Binance)のウェブサイトのブロック解除決定

ロシア地方裁がバイナンスのウェブサイトのブロック解除決定

ロシアの地方裁判所が、ロシア地域において大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のウェブサイトがブロックされている件について、バイナンスの訴えを受け、そのブロックを取り消すことを1月20日に決定した。このことをロシア現地メディアが21日報じた

バイナンスのウェブサイトは2020年9月以降ロシアのインターネット検閲機関によってブロックされていた。これは2020年6月にロシアの検察官が「ビットコインについての情報を配布していた」としてバイナンスを告訴し、裁判所がその訴えを認める判決を下したことが原因となっていた。

その後バイナンスは「ブロックの通知が適切に行われなかった」として検察側の不当な手続きを理由に告訴を行ったとのことで、結果検察側は元の告訴を取り下げ、ウェブサイトのブロックは解除されることとなった。

バイナンス側の弁護士であるマイク・トレティヤック(Mike Tretyak)氏は「(ロシアにおいて)暗号資産に関する情報の普及は禁止されていないため、(本件は)刑事犯罪を構成していません」と述べている。また同氏によると、ロシアでは多くの検察官が暗号資産を理解していないのも事実であり、そのために本件のような暗号資産関連のウェブサイトがブロックされるという問題が複数発生しているとのことだ。

(images:iStock/new_cox)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察