アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

アニモカブランズがバイナンススマートチェーンと戦略的パートナーシップ締結

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アニモカブランズ(Animoca Brands)が大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の開発したバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップを締結したことを1月13日発表した。

このパートナーシップ締結により、バイナンススマートチェーンはアニモカブランズに対し製品、マーケットフィット、及びブロックチェーン技術の分野で助言を行うという。またアニモカブランズは自身が提供するデジタルアセットをバイナンススマートチェーン上に移行するとのこと。さらに両社は、デジタルアセットのトークン化のアプローチやユースケースの検討を行うとのことだ。

アニモカブランズの会長で共同創業者のヨットシウ(Yat Siu)氏は「世界で最も影響力のある取引所とパートナーシップを締結でき、当社のプロジェクトをバイナンススマートチェーン上に移行できることになり、大変興奮しています。当社では、今まさにゲーミングの根幹が大幅に変化しようとしていると考えています。プレイして収入を得たり所有権を設定するなど、これまでゲームでは不可能だった機能を実現することでゲーマーの力になろうという当社のビジョンを共有するパートナーとコラボレーションができ、当社は深く感謝しています」とコメントしている。

編集部のコメント

アニモカブランズは、スクウェア・エニックスも出資するブロックチェーンを活用したゲームプラットフォーム「The Sandbox」やF1®の正式ライセンスを受けたブロックチェーンゲーム「F1® Delta Time」を開発する企業です。

またアニモカブランズは同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することも昨年9月22日に発表しています。

またバイナンススマートチェーンは大手暗号資産取引所であるバイナンスの第二の独自ブロックチェーンとして昨年9月1日にメインネットをローンチしています。

バイナンススマートチェーンは、2019年に稼働を開始したバイナンスチェーン(Binance Chain)とは別のチェーンです。スマートチェーンがバイナンスチェーンと異なる点としてスマートコントラクトやバイナンスの暗号資産BNBのステーキングに対応していて、主にDeFiなどの分散型アプリケーションの構築を目的としています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/pgraphis)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定