LayerXが請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」の提供を開始

LayerXが請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」の提供を開始

ブロックチェーン開発企業LayerXがクラウドでの請求書処理業務を可能にする請求書AIクラウド 「LayerX INVOICE(インボイス)」の提供を開始したことを1月13日に発表した。

「LayerX INVOICE」は請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービスだ。

LayerXは2020年10月より一部のスタートアップや上場企業を対象としてβ版の提供を行ってきいていたが、この度の緊急事態宣言を受け、高まる経理DX・クラウド化への需要に対応するため提供開始を早めたとのこと。

主な機能として「AI-OCR、仕訳学習、会計システム連携、請求書回収、ミス防止アラート、源泉所得税レポート、紙の請求書の代理受領・データ化」の7つがリリースで記載されている。

LayerX取締役CTO兼DX事業責任者の榎本悠介氏は「今回提供開始する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」の開発にあたり、100社以上のヒアリングを元に開発を進めてきました。ブロックチェーン事業からチームを切り出し、10名弱のスモールチームでプロダクトをアップデートし続けています。β版利用企業のみなさまからいただく、以下のような声を開発の力に変え、コロナ禍の「#経理DX」を加速し、LayerXのミッション「すべての経済活動を、デジタル化する。」を実現していきます」とコメントしている。

合わせて経理DX支援キャンペーンを1月13日から3月31日まで開催するとのことだ。キャンペーン内容は、企業が期間中にお問い合わせ・デモを登録し2021年内に導入したら「経理DX支援キャンペーン」として「トライアル無料」「初期費用無料」「初月無料」を適用することとなっている。

編集部のコメント

LayerXが開発するブロックチェーンにおける次世代のプライバシー保護技術「Anonify」と「LayerX INVOICE」がどのように組み合わさっていくか、どのようにパブリックブロックチェーン上で機能していくかなど今後が楽しみです。

(images:iStock/nisaul-khoiriyah・Kateryna-Bereziuk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored