英エバーレッジャー(Everledger)がダイヤモンドマーケットプレイスの米レアカラット(Rare Carat)と提携しダイヤモンドのトレーサビリティを実現

英エバーレッジャーが米レアカラットとダイヤモンドのトレーサビリティ実現

年間2億ドル以上のダイヤモンドを販売する米レアカラット(Rare Carat)が英ブロックチェーン企業エバーレッジャー(Everledger)と提携し、レアカラットが運営するマーケットプレイスにおいて、ダイヤモンドのトレーサビリティを実現したことを1月12日発表した。

リリースによると、このトレーサビリティの実現にはエバーレッジャー社の最新バージョンのブロックチェーンプラットフォームが利用されているとのこと。

これによりレアカラットの顧客は、採掘から製造・販売まで追跡されたダイヤモンドであることを確認し購入できるようになった。また販売されているダイヤモンドが紛争の資金源となるものでなく、持続可能な方法で調達されたものであることも保証されるとのことだ。

レアカラットの最高執行責任者(COO)であるアペクシャ・コタリ(Apeksha Kothari)氏は「ダイヤモンドは透明性があるかもしれませんが、ダイヤモンドのサプライチェーンには必ずしも透明性があるとは限りません。レアカラットとエバーレッジャーのパートナーシップは小売店レベルに至るまで必要とされている透明性を向上させるための正しい方向への一歩となります。消費者はダイヤモンドの証明書へのアクセスが可能になり、ブロックチェーンを介してダイヤモンドを確実に追跡できるようになります。レアカラットの使命は、お客様に安心してダイヤモンドを購入していただくことです。その一環として倫理的な調達に関する信頼をお客様に提供しています。このような目的のためにエバーレッジャーとレアカラットは提携し、お客様にダイヤモンドの旅の真実の情報を提供できることを嬉しく思っています」とリリースにてコメントをしている。

編集部のコメント

エバーレッジャーは2015年4月にロンドンで設立された企業です。同社のプラットフォームは、IBMのエンタープライズ向けブロックチェーン「ハイパーレジャーファブリック(Hyperledger Fabric)」を利用しています。

エバーレッジャーがデジタル化しているデータは、ダイヤモンドだけにとどまらず、高級車、ラグジュアリー商品、アートなど多種にわたります。そして近年では社会的意義の高い事業にも取り組んでいます。なお同社は2018年に世界経済フォーラム(WEF)からテクノロジー・パイオニア賞を受賞しています。

また2019年にはアメリカエネルギー省から電気自動車のバッテリーリサイクルのためのブロックチェーンを試験的に導入するため資金提供を受け、ブロックチェーンのスタートアップであるサーキュラー(Circulor)とエシカルな調達基準について協力しています。

さらにエバーレッジャーは昨年2020年にイギリス政府が運営するFuture Fund(フューチャーファンド)と中国のテック企業Tencent(テンセント)から合計700万ドル(約7億4800万円)の融資を受けたことを発表しています。エバーレッジャー社はCOVID-19が大流行する中、ダイヤモンド産業の復興を支援するためEverledgerプラットフォームのアップグレードを併せて発表しています。今回レアカラットに導入されたプラットフォームはこの時に発表されたアップグレード版になると思われます。

なおダイヤモンドは多くの産出国にとって外貨獲得の貴重な資源となっていますが、内戦状態にある国から産出されたダイヤモンドの売却で得た外貨が、武器調達の資金として使われ、紛争を長期化・深刻化させる要因のひとつになっています。こうしたダイヤモンドは「紛争ダイヤモンド」と呼ばれており国際問題となっています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Jackie-Niam・Vdant)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと

Uniswap v3メインネットローンチ、米国の銀行でビットコインサービス提供が実現かなどのニュース解説ラジオ

ユニスワップ「Uniswap v3」がメインネットローンチ、ギャラクシーデジタル、暗号資産カストディ企業ビットゴーを約1,300億円で買収、米国銀行へビットコインサービス提供か、ストーンリッジ子会社NYDIGとフィデリティ、米国にてデジタルドルのパイロットプログラム始動、ジーニーズ(Genies)がダッパーラボやコインベースらから約71億円の資金調達、Flow上にマーケットプレイス構築、米ナスダック上場企業モゴ、投資目的にイーサリアム購入、米ナスダック上場企業メルカドリブレのビットコイン購入が明らかに、米総合格闘技団体UFC、チリーズ上でファントークン発行へ、サザビーズがバンクシーのアートオークションにて初の暗号資産決済を導入、コインベースの商取引サービスを利用、コインベースプロにてCTSI、RLC、MIR、TRBが上場へ、「17 Live」創業者のTurn Capitalが仮想通貨ウォレット企業買収、東南アジア特化の暗号資産取引所設立へ、三菱重工と日本IBM、CO2流通をブロックチェーンで可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX」構築へ、ステイクテクノロジーズ、マイクロソフトのスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択、スタートバーン、法人向けNFT導入パッケージの提供開始、オーケーコイン・ジャパン、OKExのOKBを6月以降取り扱いへ