(Securitize Japanカントリーヘッド,ジャパン⼩林英⾄氏のコメントあり)NTTデータがデジタル証券プラットフォーム開発に向け米セキュリタイズと協業

NTTデータがデジタル証券プラットフォーム開発に向け米セキュリタイズと協業

NTTデータとデジタル証券プラットフォーム米セキュリタイズ(Securitize)が日本市場向けデジタル証券プラットフォーム実現に向け2020年より協業開始していたことを12月11日に発表した

なお協業の第一段のデジタル証券プラットフォームに関する共同研究は完了しているとのことだ。

この共同研究はデジタル証券の発⾏体を中⼼に置いたアメリカの私募市場における証券発⾏・流通ビジネスモデルをベースに発展しているセキュリタイズのデジタル証券ソリューションを⽇本の資本市場の特性により対応させることを⽬的としていた。

具体的に両社はデジタル証券ソリューションを日本市場の特性を考慮して、より広範囲に提供できるようにデジタル証券ソリューションの「必要機能と役割分担、既存システムとの連携、投資家秘密鍵管理、ブロックチェーン基盤」を12月に整理したとのこと。

株式会社NTTデータ技術⾰新統括本部のシステム技術本部⻑である⽥中 秀彦⽒は「セキュリタイズ社との共同研究により、国内のセキュリティートークンプラットフォームの整備が進み、お客さまに対してよりよいサービスを提供できることを期待します」とコメントしている。

Securitize Japan株式会社 カントリーヘッド, ジャパンの⼩林英⾄氏は「⽇本を代表するIT企業であるNTTデータ社との協業は、セキュリタイズのこれまでのローカライゼーションの取り組みを更に強化・推進するものとして、⼤変意義深い⼀歩と考えます。優れたSTO(セキュリティー・トークン・オファリング)プラットフォームの提供を通して、より多くのお客様の事業発展をお⼿伝いし、また⽇本の資本市場の発展、国際競争⼒強化に資することができれば嬉しく思います」とコメントしている。

あたらしい経済編集部はセキュリタイズの小林英至氏へ取材を行った。

Securitize Japan株式会社 カントリーヘッド, ジャパンの⼩林英⾄氏へ取材

ー日本の証券流通プロセスで最も肝となる事項はなんでしょうか。

STO(セキュリティー・トークン・オファリング)の目指すところは投資家と発行体を直に結びつけることにあり、アメリカではそのようなモデルで展開が進んでいます。

一方、証券・販売会社と投資家のつながりが深い日本では、日本市場に沿ったソリューションの提供が展開を促進する一歩と考えています。

今回の提携により、日本市場に最適なソリューションを用意し、迅速に展開できるようになると考えます。

(images:iStock/graphicnoi・Irina-Shibanova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored