デジタル証券プラットフォームのセキュリタイズがアバラボのAvalancheとシステム統合

デジタル証券プラットフォームのセキュリタイズがアバラボのAvalancheとシステム統合

デジタル証券プラットフォーム企業セキュリタイズ(Securitize)がブロックチェーン開発企業アバラボ(AVALabs)の開発するブロックチェーンであるアバランチェ(Avalanche)とのシステム統合を12月10日に発表した。

アバランチェ(Avalanche)の特徴は「取引ファイナリティが1秒未満であること、低い手数料で取引が可能なこと」であるとセキュリタイズのリリースで記載されている。

セキュリタイズとアヴァランチェの統合によって、セキュリタイズのプラットフォームを利用している発行体は、アバランチェを利用したセキュリティートークンの発行と管理が可能になる。またセキュリタイズはサービス提供にかかる時間とコストが大幅に改善されると予測しているようだ。

セキュリタイズCEO兼共同創業者カルロス・ドミンゴ(Calros Domingo)氏は「アバランチェとの統合により、セキュリタイズの発行体とその投資家は最新のブロックチェーン技術にシームレスにアクセスできるようになります。同時に、信頼と実績のある技術ソリューションで私募市場を再構築し、今後必ず起きるデジタル証券の大規模な普及を推進していくという当社のコミットメントを示すことができると考えております」とコメントしている。

アバラボ社長のジョン・ウー(John Wu)氏は「デジタル証券は依然としてイノベーションに開かれたフロンティアであり、セキュリタイズをパートナーとしたアバランチェブロックチェーンほど、ライフサイクル全体にわたってデジタル証券に適した場所はないと言えます。アバランチェにより、金融機関は実用的な規模でのトークン化を追求するために必要な、スピード、低コスト、アセット構造のカスタマイズ性のフルパッケージをついに手に入れることができました。間もなく最初のトークン発行を予定しております」とコメントしている。

編集部のコメント

アバランチェは9月21日にメインネットを立ち上げて以来、600以上のブロック生成バリデーターがコンセンサスに参加しており、さらに2,500のデリゲーターがステークキングに参加しているとリリースに記載されています。これらを合わせると、ネットワークの安全性を確保するために10億ドル以上のアバランチェの独自トークンである「AVAX」のステイクが行われていることになるようです。
またアバランチェはこれまでにチェインリンク(Chainlink)、クオントスタンプ(Quantstamp)などのプロジェクトと統合しています。

そして、アバラボの投資家として明らかになっているのは、アンドリーセンホロウィッツ(Andreessen Horowitz)、ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)、ビットメイン(Bitmain)、ポリチェーンキャピタル(Polychain Capital)、元CoinbaseのCTOであるバラジ・スリニバサン(Balaji Srinivasan)やエンジェル投資家のナバル・ラヴィカント(Naval Ravikant)などです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Yevhen-Lahunov)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored