ビットコインが過去最高値更新、バブル再来か、もはやバブルでもないのか

ビットコインが過去最高値更新

暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格が高騰している。2020年11月30日、海外取引所のバイナンスでは19,799ドル、Bitstampでは19,666ドルと、過去最高値を更新。また米国大手取引所コインベースでは17年12月に記録した過去最高値19,891ドルにはどとかなかったものの19,873ドルを記録した。米ドル建てで20,000ドルの大台に迫る勢いを見せた。各取引所で過去最高値更新後、一旦価格の19,000ドル近くまで下落も見られたが、その後も現時点まででは19,000〜20,000ドルの間を推移している。

また日本国内の多くの取引所でも200万円台に乗った。国内取引所ビットフライヤーでの現物取引で11月30日の最高値として2,058,900円を記録している。なおビットフライヤーの過去最高値は2017年の231万円であり、日本国内の取引所で海外取引所に比べて価格差が出ているのは当時に比べて円高が進んだためだと考えらえる。

バブル再来か?もしくはバブルではないのか?

ビットコインは年初の水準から170%の上昇をみせている。2017年のいわゆる「仮想通貨バブル」と言われた時期の価格に迫る勢いだが、果たしてバブルの再来なのか、それとももはやバブルではない高まりなのか。

今回の価格上昇の要因として考えられる理由はいくつもあるが、2017年に比べて特徴的なのが大手企業の動きが多く見られる点だ。スクエア(Square)やマイクロストラテジー(MicroStrategy)をはじめとする複数の上場企業によるビットコインの大量購入が明らかになり、さらに米決済大手ペイパル(PayPal)の市場参入のニュース、そして機関投資家のビットコインに対する好意的な見解も多く報じされている。

また新型コロナウイルス対策により各国の法定通貨がインフレリスクを抱えているというのも一つのポイントかもしれない。どの国にも依存せず、発行体がなく、発行上限が限られており、すでに多くの国々で法定通貨と交換しうる価値を持つビットコイン。果たしてビットコインは本当に「デジタル・ゴールド」なのか。その真の価値に注目が集まる。

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。