グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

グローバル法律事務所DLAパイパー(DLA Piper)が同社の子会社でデジタルビジネスソリューションの設計及び開発を行うアルダーズゲートDLS(Aldersgate DLS)と共同で、デジタル資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を立ち上げたことを11月24日に発表した。

TOKOは分散型パブリックネットワークであるHedera Hashgraph(ヘデラ・ハッシュグラフ)とHyperledger Fabric(ハイパーレッジャー・ファブリック)のブロックチェーンとMicrosoft Azure(マイクロソフトアジュール)のクラウド環境の3つの技術を組み合わせることによって、高い信頼性とリアルタイムのファイナリティを備えたトークン化プラットフォームを実現しているとのこと。

TOKOプラットフォームによってデジタル資産のマーケットプレイスが形成され、投資家はトークン化された資産の一部をデジタルで購入できるとのこと。そして資産のトークン化が可能になることにより、所有権の分割、資産の流動性の向上、幅広い投資家へのアクセスなどの実現が可能になるとのこと。

またTOKOが既存のトークン化プラットフォームよりも優れている点として、グローバル法律事務所の専門知識に裏付けられた法的なサポートがあるという。ブロックチェーンという最先端技術と法律事務所の法的サポートを組み合わせることにより、TOKOは利便性と信頼性の高い、唯一無二のトークン化プラットフォームとなっているとのことだ。

なおDLAパイパーとアルダーズゲートDLSは、11月5日にTOKOプラットフォームで最初のトークン化プロジェクトを完了したことを報告している。このプロジェクトでは中国のアーティストであるワン・シャオボー(Wang Xiao Bo)氏の美術作品がトークン化されたとのことだ。

(images:iStock/null・incohre)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している