ベトナム教育省が教育機関の修了証明書の管理にブロックチェーンを導入

ベトナム教育省が教育機関の修了証明書の管理にブロックチェーンを導入

ベトナム教育省(MOET)が教育機関の修了証明書の管理のためにブロックチェーンを導入することが、提携先企業であるTomoChain(トモチェーン)の発表によって11月18日に明らかになった。

ベトナム教育省が利用するブロックチェーンはプルーフオフステーク(Proof of Stake)による投票システムをコンセンサスアルゴリズムとして採用している「TomoChain」と呼ばれるパブリックブロックチェーンである。

TomoChain社の発表によると、ベトナム教育省はTomoChainと正式に提携し、ブロックチェーン上で修了書や証明書を管理する国家資格アーカイブシステム(NQAシステム)の構築・開発を行っているとのこと。

NQAシステムは高校、大学、外国語教育機関をはじめとするベトナム教育省の管轄下にあるすべての教育機関の証明書を保存し、それらにアクセス可能にすることを目標としており、同システムは2020年度から2021年度にかけてベトナム全国で導入される予定とのこと。

このNQAシステムの実装により、ベトナム教育省はシンプルなポータルサイト上で簡単に教育機関からの証明書を登録・管理できるようになる。また学生には証明書に割り当てられた固有のIDが付与されるため、学生はそのIDを雇用主に提示し雇用主がポータルサイト上でそのIDを入力することで証明書の認証を行えるとのこと。

リリースによるとベトナムのブロックチェーン導入の背景には、偽造証明書の蔓延による認証コストの増加があるという。ベトナムでは卒業証明書を偽造する「ディプロマ・ミル」と呼ばれる組織が増えており、雇用者は労働者の学歴の真偽を確認するために多くのコストをかけなければならなかった。そのためベトナムにおいては証明書を公的機関がブロックチェーンを利用して管理し、雇用者が労働者の学位を簡単に認証可能にすることによって教育分野全般のコストを削減できるとのこと。

NQAシステム導入の初期段階として、245万人の高校生と140万人の大学生の情報が卒業時にシステムに登録される。2020-2021年度での試験運用ののちに過去の卒業証明書のリストが追加されていくとのことだ。

編集部のコメント

TomoChainはシンガポールに拠点を置き、日本とベトナムにオフィスを持つグローバルブロックチェーンコンサルティング企業です。パブリックブロックチェーンであるTomoChainの開発のほか、企業や政府に対してプライベートブロックチェーンやパブリックブロックチェーンを用いたソリューションの提供を行っています。同社は今年10月に、イーサリアム上に構築されたエンタープライズ向けのサイドチェーンであるLition(リーション)を買収しており、欧州市場への事業拡大も進めています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Nosyrevy・stockdevil)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も