香港証券取引委員会が暗号資産(仮想通貨)取引所を規制へ

香港証券取引委員会が暗号資産(仮想通貨)取引所を規制へ

香港の金融規制当局である香港証券取引委員会(HKSFC)が香港にて運営を行う暗号資産(仮想通貨)取引所に対し、規制を義務付ける方針であることを11月3日ロイターが報じた

この方針については11月2日に開催されたFintechWeekイベントにおいて、香港証券取引委員会のCEOであるアシュリー・アルデ(Ashley Alder)氏が発言したものである。

香港証券取引委員会は昨年11月にセキュリティトークンを取り扱う暗号資産取引所を規制するためにライセンス制度の導入を発表しており、対象となる取引所に従来の証券ブローカーと同等の規制を適応する方針を示していた。しかし今回香港証券取引委員会は暗号資産の取引を行うプラットフォーム全てに対し規制範囲を拡大させたことになる。

編集部のコメント

これまで香港では規制当局である香港証券取引委員会が暗号資産取引所にオプトインの形式で規制を適用してきていました。オプトインとは事業者側が規制当局に対して問い合わせることで許可を得て事業を運営するものです。

一方これから香港の暗号資産取引所はオプトアウトの形式で運営を行なっていかなければなりません。 つまり香港証券取引委員会が提示する規制の枠組みに従って、事業運営が継続されるということです。

この変革により暗号資産取引所は何がだめで、何が良いのかはっきりと示されたことになります。その良し悪しは気になるところです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/stockdevil・Максим-Ивасюк)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した