ベルギーのデジタル資産流動性プロバイダーKeyrockがシリーズAで約5億2,400万円の資金調達を実施

ベルギーのデジタル資産流動性プロバイダーKeyrockがシリーズAで約5億2,400万円の資金調達を実施

ベルギーのデジタル資産の流動性プロバイダー企業であるキーロック(Keyrock)がシリーズAで約5億2,400万円(430万ユーロ)の資金調達を行ったことを発表した。このラウンドに参加した新規投資家はシックス・フィンテック・ベンチャーズ(Six Fintech Ventures)とミドルゲーム・ベンチャーズ(MiddleGame Ventures)だ。既存の株主投資家であるヴォルタ・ベンチャーズ(Volta Ventures)、シーダーファンド(Seeder Fund)、ティーエヌエヌ・パリモニー(TNN Patrimony)もシリーズAに加わった。

調達した資金は技術とインフラの開発、サービスカバレッジ、規制上のライセンシングを加速させるために使用するとのことだ。

これまでKeyrock社は「流動性を民主化する」というミッションのもと、非常に低い限界コストで市場に流動性を提供するために、拡張性の高いテクノロジーシステムを執拗に構築してきたとのことだ。Keyrockのビジョンはデジタルアセット領域のすべてのプレーヤーが、規模の大小に関わらず、迅速かつコスト効率よく流動性の恩恵を受けることができることとのこと。

Keyrockの創設者兼CEOを務めるケビン・パトゥール氏は「効率的な市場のビジョンを構築する上で、SIXとMiddleGame Venturesが参加してくれたことをとても嬉しく思っています。SIXからは取引所運営の専門知識以上のもの、そしてMiddleGame Venturesからはフィンテックの深い経験を共有して得ることができるでしょう。お客様、パートナー、投資家の皆様からの信頼を得ているKeyrockチームに感謝しています」とコメントしている。

編集部のコメント

Keyrockは2017年後半に設立された企業です。Keyrockの統合パートナーには、Binance、Coinbase、Kraken、Huobiなど、ほとんどの大手暗号資産取引所が含まれています。

Keyrockチームには15カ国から集まった34人の業界専門家が積極的に参加しており、テクノロジーとデジタル金融システムへの移行に対する野心を抱きながら業務を進めているとのことです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/BadBrother)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored