イスラエルの暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォーム開発企業INXが自社のデジタル証券をカナダ証券取引所へ上場申請

イスラエルの暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォーム開発企業INXが自社のデジタル証券をカナダ証券取引所へ上場申請

イスラエルで設立された暗号資産(仮想通貨)の取引プラットフォームの開発企業INX Limited(アイエヌエックス・リミテッド)が、カナダ証券取引所へ自社のデジタル証券「INX Token」の上場申請を行ったことが10月30日に明らかになった

INXは現在セキュリティートークンを使った新規株式公開(IPO)を行っていて、目標額の約122億円(1億1,700万ドル)のうち約10億4,000万円(1,000万ドル)を調達しているとのこと。

カナダ証券取引所(CSE)のCEOを務めるリチャード・カールトン(Richard Carleton)氏は「CSEは急速に変化し、ますますデジタル化する資本市場環境に対応する上場ソリューションに向けて努力しています。デジタル証券は規制された市場での投資商品の構築、発行、取引方法の論理的な進化を表しています。新製品のイノベーションがイスラエルから生まれているのは当然のことであり、起業家精神と技術的リーダーシップの文化が当取引所にぴったりと合っています」とコメントしている。

INXの共同創業者であり社長でもあるシャイ・ダティカ(Shy Datika)氏は「デジタル証券は規制されたクロスボーダー取引とマルチリスティングの新たな機会を提供します。デジタル証券は規制された国境を越えた取引や複数上場における新たな機会を提供しています」とコメントしています。

編集部のコメント

INXは2018年にイスラエルで設立されたフィンテック企業です。「INX Token」のIPOを通しての販売は8月25日より行われていて、1トークンあたり0.9ドル(約95円)で販売されています。なおトークン購入の際の最低投資額は1,000ドル(約10万5,000円)となっています。INXはデジタル証券の特徴の1つを流動しやすいことと考えているようで、証券がもっと複数の証券取引所で取引される未来を創り出そうとしています。その一環として、カナダ証券取引所へ上場申請を行ったのだと考えられます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor・incohre)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した