マスターカード(Mastercard)がサプライチェーンの透明化のために農業系ブロックチェーン企業グレインチェーン(GrainChain)との提携発表

マスターカード(Mastercard)がサプライチェーンの透明化のために農業系ブロックチェーン企業グレインチェーン(GrainChain)との提携発表

決済大手のマスターカード(Mastercard)がサプライチェーンの透明性を実現するために、ブロックチェーン企業であるグレインチェーン(GrainChain)と提携することを10月29日に発表した。

グレインチェーンはブロックチェーンを用いて農作物の生産者から加工業者、販売者などの当事者を接続し、農作物の流通を可視化することを目指すプラットフォームを提供するアメリカの企業である。

リリースによると幅広い取引ネットワークとリアルタイムデジタル化技術を持つマスターカードがグレインチェーンと提携することにより、原材料の生産から収穫、加工、物流、最終消費者への配送に至るまでの厳格な商品追跡を可能にするとのこと。また、これによりブランドや生産者は消費者を保護しながら、ブランドの評判やビジネスの効率性をより良く維持できるようになるとのことだ。

マスターカードとグレインチェーンは、マスターカードのプライベートブロックチェーンであるProvenance(プロビナンス)を利用して、ラテンアメリカと北米の24種類以上の商品を共同で追跡するとのこと。

編集部のコメント

マスターカードは中央銀行デジタル通貨(CBDC)のユースケース検証のための仮想プラットフォームの開発やDIDアライアンスへの参加の発表などブロックチェーン関連の取り組みを積極的に行っているほか、今回のような商品のトレーサビリティに関する提携を進めています。

これまでにもマスターカードはブロックチェーンを利用して食品のトレーサビリティの実現を目指すエンビジブル(Envisible)との提携や農作物のサプライチェーンのデジタル化を目指すオーストラリアのフレッシュサプライ(Fresh Supply Co.)との提携を行っています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Ekaterina79)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。