カナダ銀行の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトが概念実証フェーズから実行フェーズへ

カナダ銀行の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトが概念実証フェーズから実行フェーズへ

カナダの中央銀行であるカナダ銀行はG7加盟国と協力して中央銀行デジタル通貨(CBDC)の計画に取り組んでおり、そのCBDCプロジェクトは概念実証フェーズを終えていることを10月29日ロイター通信が報じた

カナダ銀行総裁のティフ・マックレム氏は「CBDCの取り組みは世界的に調整されてきているアプローチを追加して、現金の突拍子のない利用のされ方を防止し、犯罪者によって使用されているようなツールを維持するために必要性が生まれてきた」とロイター通信に語っている。

マックレム氏は「中央銀行はデジタル・ルニー(Digital loonie)の概念実証(PoC)から、より完全に実行可能な計画へと移行する作業を進めているが、今すぐにデジタル・ルニーの必要性はない。ただもし他の国がCBDCを発行していて私たちが発行していなければ、確かにいくつかの問題が発生する可能性がある。だから私たちはCBDCの準備ができているかどうかを確認したいのだ」ともロイター通信へ語っている。 

編集部のコメント

国際決済銀行(BIS)はカナダ銀行を含めた中央銀行7行と共に中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関するレポートを10月10日公開しています。このレポート「中央銀行のデジタル通貨:基本原則とコア機能(Central bank digital currencies: foundational principles and core features)」は、BIS、カナダ銀行、欧州中央銀行(ECB)、日本銀行、スウェーデン国立銀行、スイス国立銀行、イングランド銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)による共同報告となっています。カナダ銀行は2020年6月11日に中央銀行デジタル通貨におけるプロジェクトマネージャーの募集を開始していて、注力領域であることは間違いないと考えられます。現段階でカナダ銀行はCBDCの何をどう検証できたのか気になるところです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/stockdevil・Guzaliia-Filimonova)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した