PayPalが米国内で暗号資産(仮想通貨)取引サービスを数週間以内に提供開始

PayPalが米国内で暗号資産(仮想通貨)取引サービスを数週間以内に提供開始

PayPalがPayPalアカウントから直接、暗号資産(仮想通貨)を購入、保有、販売できるサービスの提供をアメリカ国内で数週間以内に開始することを10月21日に発表した。またPayPalはこのサービスを2021年前半にPayPal傘下の個人送金アプリ「ベンモ(Venmo)」と一部の国に対し提供する予定とのことだ」。なおこのサービスは米暗号資産サービスプロバイダーのパクソス・トラスト・カンパニー( Paxos Trust Company)と提携して開発されているとのこと。

PayPalがこのサービスを提供する狙いとして、最終的には世界中にある2,600万以上のPayPal加盟店での購入資金源として暗号資産を利用できるようにすることで、暗号資産の有用性を大幅に高め、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行に備えるためとのこと。

取り扱われる暗号資産はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の4銘柄だ。暗号資産の売買手数料などは不要とのことだ。

PayPalの社長兼CEOであるダン・シュルマン(Dan Schulman)氏は「通貨のデジタル形態への移行は避けられないものであり、金融の包括性とアクセス、決済システムの効率性、スピード、弾力性、政府による国民への迅速な資金の分配という点で明確な利点をもたらします。当社のグローバルなリーチ、デジタル決済の専門知識、両面ネットワーク、厳格なセキュリティとコンプライアンス管理はこれらの新しい交換手段の理解、換金、相互運用性を促進する機会と責任を提供しています。私たちは世界中の中央銀行や規制当局と協力して支援を提供し、デジタル通貨が世界の金融と商取引の将来において果たす役割の形成に大きく貢献したいと考えています」とコメントしている。

あわせてPayPal社は10月21日にニューヨーク州金融サービス局(NYDFS:New York State Department of Financial Services )からビットライセンスを付与されたことも発表している。

NYDFSの最高責任者であるリンダ・レイスウェル(Linda Lacewell)氏は「NYDFSは金融サービス事業者がニューヨークで事業を運営、成長、存続、拡大し、革新者と協力してアイデアを芽生えさせ、テストできるようにすることで、ダイナミックで前向きな金融サービス部門を奨励し、支援していきます」とコメントしている。

編集部のコメント

リリースによると、これまでPayPalは暗号資産のプラットフォームや世界中の中央銀行とのパートナーシップを通じて、デジタル通貨の可能性を探ってきていたとのことです。

過去5年間、PayPalはブロックチェーンに焦点を当てた社内の調査チームを通じて、次世代のデジタル金融サービスのインフラとデジタルコマースの強化を探ることに焦点を当て、リソースを増やしてきたとのことです。そして2019年にはPαyPal社のベンチャーキャピタルであるPayPal Venturesが、金融機関の暗号通貨詐欺や金融犯罪の防止を支援することに注力するTRM Labsとブロックチェーンをベースにしたアイデンティティ管理とコンプライアンスのソフトウェア企業であるCambridge Blockchainに投資をしています。

そして注目すべきはPayPalはリリース内で国際決済銀行(BIS)のレポートを引用して、世界人口の約5分の1を占める10の中央銀行に1行が今後3年以内に中央銀行デジタル通貨を発行すると予想していると伝えていることです。

PayPalとして中央銀行デジタル通貨(CBDC)が発行される未来はほぼ確定的だと捉え、暗号資産サービスの提供を開始する決断を行いました。各国の通貨がデジタル化されたあとの流通基盤として確固たる地位を画一するための戦略の一部だと考えられます。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/(Panuwat-Sikham・Igor-Korchak)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

S&Pダウ・ジョーンズが暗号資産インデックスソリューションを21年に提供開始、米下院にてステーブル法案提出、SBIがBOOSTRYへ資本参加などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ、米下院にてステーブルコイン発行者を規制する「ステーブル(STABLE)法案」が提出、リスクストリーム(RiskStream)がブロックチェーンを利用した生命保険による死亡通知の概念実証を完了、SBIホールディングスがブロックチェーン基盤開発企業BOOSTRYへの資本参加およびセキュリティトークン事業の推進に関する最終契約締結、ふるさと納税でビットコイン。ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」サービス経由の「ふるさと納税」の利用が昨年対比2倍に伸長、【取材レポ】電子投票の「ファーストペンギン」を目指す。石川県加賀市がxID、LayerXと市政デジタル化を目指し連携協定

世界有数のインデックスプロバイダー「S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス」が暗号資産(仮想通貨)インデックスソリューションを2021年に提供開始へ

世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)がニューヨークに拠点を置く大手の暗号資産(仮想通貨)ソフトウェアおよびデータ企業であるルッカ(Lukka)と共同で、グローバルな暗号資産インデックスソリューションの提供を2021年に開始することを12月3日に発表した。

米下院にてステーブルコイン発行者を規制する「ステーブル(STABLE)法案」が提出

米下院議員のラシダ・トライブ(Rashida Tlaib)氏ら3名がステーブルコインの発行者を規制する法案を議会に提出したことを、トライブ氏の事務所が12月2日にプレスリリースにて詳細を発表した。なおこの法案「ステーブルコインテザリングおよび銀行ライセンス強制法(Stablecoin Tethering and Bank Licensing Enforcement Act)」は、通称「ステーブル(STABLE)法案」となっている。

SBIホールディングスがブロックチェーン基盤開発企業BOOSTRYへの資本参加およびセキュリティトークン事業の推進に関する最終契約締結

SBIホールディングス、野村ホールディングスおよび株式会社野村総合研究所が、野村ホールディングスの保有する株式会社BOOSTRY株式のSBIホールディングスへの一部譲渡およびBOOSTRYの運営・事業にかかる業務提携について最終契約を締結したことを12月3日に明らかにした。BOOSTRYはブロックチェーンなどの先進的なテクノロジーで新時代の資金調達モデルを構築している企業だ。

ブロックロックCEOがビットコインを資産として重要視、Visaカードが法人取引のUSDC支払い対応へ、BITMAXが固定期間型の暗号資産貸出開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

世界有数の資産運用ファンドであるブラックロック(BlackRock)のCEOがビットコインを資産として重要視、Visaがサークル(Circle)と提携しVisaカードの法人取引によるUSDC支払い対応へ、LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)取引所ビットマックス(BITMAX)が暗号資産貸出サービスの固定期間型を提供開始

LINEの暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社が、同社運営の暗号資産取引所ビットマックス(BITMAX)にて暗号資産貸出サービスの「固定期間型」の提供を開始することを12月2日発表した。