米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億円(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

ハーモン氏は2014年から2017年までHelixを無登録のマネーサービス事業者(MSB)として、2017年から2020年までCoin Ninjaを運営していた。 現在Helixの運営に関連して、金銭商品ロンダリングの共謀と無免許送金ビジネスの運営の容疑でコロンビア特別区の米国連邦地方裁判所で起訴されているとのこと。

2014年6月から2017年12月まで、Helixは顧客のために122万5000件以上の取引を行い、約328億円(3億1100万ドル)以上の送受信を行った暗号資産ウォレットアドレスと関連していたとのこと。 FinCENの調査ではHelixを通じて少なくとも356,000件のビットコイン取引が確認されていて、 ハーモン氏はビットコインの資金洗浄サービス提供のためHelixを運営し、顧客が匿名でドラッグ、銃、児童ポルノなどの支払いをする方法として、インターネットのダークウェブ上でサービスを宣伝していた。 さらにFinCENの調査では、ハーモン氏が故意に銀行秘密法で認められた企業として登録し、プログラムや報告要件に違反していた。また麻薬密売業者、偽造業者、詐欺師やその他の犯罪者と取引を行っていたことも明らかになった。

編集部のコメント

9月にFinCEN文書が流出したことによって、FinCENが世界的に著名な金融機関であるHSBC、JPモルガン、バンク・オブ・アメリカ、シティバンク、バークレイズ銀行、ドイツ銀行などがテロリストや犯罪者らの資金取引を認めて取引を行っていたことが明らかになっています。ブロックチェーン技術の浸透により、FinCENやその他機関は金融取引分析を行うためのデータを獲得しやすくなり、違法な金融取引を減少させていけるのではないでしょうか。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/(liuzishan・a-image・AliseFox)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。