「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

ブロックチェーンを広く深く知ってもらうことを目的として、年に1度開催されているカンファレンスイベント「BlockChainJam」が10月24日9:00~18:00に開催する。

「BlockChainJam」では前回から東京大学「ブロックチェーンイノベーション寄付講座」と共催しており、2019年は東京大学の安田講堂で開催されたが、3回目の今回はオンラインにて無料で開催されることが決まっている。

今年開催される「BlockChainJam 2020」では「ブロックチェーンがつくる 新しい金融と社会」をテーマに、技術の基本からビジネス分野まで幅広いトピックについて取り扱うイベントとなるとのこと。

「BlockChainJam 2020」では登壇者によるYoutubeでのメイン配信や登壇後のゲストスピーカーと質疑応答できるZoomでのチャットルームへの参加、さらにオリジナルバーチャル空間でのエキシビジョン「BlockChainJam 2020 Cosmic World」も企画中であるとのことだ。

参加申し込みはこちら

イベント詳細・登壇者はこちら

最新情報はこちら

(images:iStock)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している