techtec(テックテク)が英レンディングプラットフォームのアーベ(Aave)よりグラント獲得

techtec(テックテク)が英レンディングプラットフォームのアーベ(Aave)よりグラント獲得

ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)が大手レンディングプラットフォーム「Aave(アーベ)」より「Aave Ecosystem Grants」を通した日本初の企業としてグラントを獲得したことを10月15日発表した。これに伴いtechtecは「PoL」に蓄積された「ラーニングスコア」を活用して、日本で初の事例となる日本発のDeFiプロダクトを構築していくとのことだ。

イギリスのロンドンに本社を構えるAaveは主にレンディング領域でのサービスを展開しており、1日あたり1,500億円超の流通額を誇る巨大市場を形成しているとのこと。Aaveではその他にも無担保借り入れが可能なFlash Loans(フラッシュローン)や、自身の持つ与信枠を他者へ移譲するCredit Delegation(クレジットデリゲーション)といった先進的なサービスも提供しているとのことだ。またAaveは2020年8月に英金融行動監視機構(FCA:Financial Conduct Authority)より「電子マネー機関」のライセンスを取得しており、法定通貨とDeFiサービスへの直接的な接続が可能となっているとのこと。

今回techtecがグラントを獲得した「Aave Ecosystem Grants」は、2020年4月に開始したAaveによるDeFiエコシステムを拡大するための取り組みとのこと。なお一般的にグラントとは、資金配分主体が一般の研究者等を対象に研究開発課題を募り、採択された課題に研究資金を配分する制度である。

techtecは今回のグラントにより「学習するほど金融サービスを享受できやすくなる」DeFiのプロダクトを構築するとのこと。具体的にはDeFi市場の大きな課題の1つである過剰な担保率を解消するサービスとなる予定で、PoLで学習することによって蓄積されたラーニングスコアを軸に評価することで、DeFiを利用する際の担保率を一部PoLで肩代わりをするとのこと。

このDeFiプロダクト構築にあたり、まずはPoLとAaveとの接続を行いAaveを利用する際の担保率(借りる際の利子率)を通常よりも抑えることができるかの検証を行っていくとのことだ。

編集部のコメント

株式会社techtecではこれまでにPrimas(中国)MakerDAO(デンマーク)Kyber Network(シンガポール)Brave(アメリカ)SKALE(アメリカ)Bitcoin.com(セントクリストファー・ネービス)といった海外ブロックチェーンプロジェクトとパートナーシップを締結しています。

techtecが運営するブロックチェーンオンライン学習サービスPoLではBitcoinの他、ALIS、MakerDAO、Kyber Network、Braveなどのパートナーシップ契約をした企業とともに学習サービスのカリキュラムの作成を行っています。

またPoLでは学習することで獲得できる「PoLトークン」を発行しており、これまでの学習によって獲得された「PoLトークン」の量は100万PoLを超えているとのことです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/BadBrother)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。