カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

株式会社カヤックと山口不動産株式会社が東京・大塚の魅力発信とまちの活性化のため、カヤックが開発したコミュニティ通貨(地域通貨)サービス「まちのコイン」を10月1日より山手線大塚駅周辺で導入開始することを9月24日発表した。

「まちのコイン」は分散台帳技術を使いQRコードを介して、ユーザーがポイントを獲得・利用できるコミュニティ通貨サービスだ。このサービスは2019年9月に神奈川県「SDGsつながりポイント事業」で採択され、現在小田原市で導入されている他、10月11日に福岡県八女(やめ)市での導入が決定している。これまで自治体が主体となりSDGsの自分ごと化やコミュニティ活性化などに「まちのコイン」が導入されていたが、今回の大塚での導入は民間企業が主導する初の試みとなるとのこと。

「まちのコイン」は使うにももらうにも「人と人とがつながる設計」をしており、自然と人と人が仲良くなるコミュニティ通貨サービスとなっているとのこと。例えば個店などが「初入店であなたをイメージしたオリジナルのお酒をつくります」や「店内で初めて知り合った人におごれます」といったチケットを「まちのコイン」で提供することで、新規顧客の獲得に加え、店舗のファンを増やすことも期待ができるとのこと。

大塚に本社を置く山口不動産は、大塚のまちに活気を取り戻したいと大塚駅北口を中心に「ironowa ba project(イロノワ・ビーエー・プロジェクト)」を2018年5月から開始している。このプロジェクトでは「星野リゾートOMO5東京大塚(おもふぁいぶとうきょうおおつか)」が入る「ba01」や「東京大塚のれん街」を展開する「ba02」人との繋がりを感じるba apartmentとしての「ba03」などを次々に開業してきた。一方で大正時代から「粋な花街」として賑わった大塚では今でも個性的な個人商店が集まり昔の面影を残しているとのこと。こうした新旧が交じりあう大塚の魅力を地域内外に発信し、大塚の賑わいにつなげたいと考え「まちのコイン」の導入を決定したとのことだ。

大塚の「まちのコイン」では運営を山口不動産、星野リゾート OMO5東京大塚がまちのコイン大塚実行委員会として行い、10月1日より大塚駅周辺の17スポットでサービスの利用ができるとのことだ。

編集部のコメント

10月11日に「まちのコイン」の導入開始を予定している福岡県八女市では、同市が抱える人口減少や山間部の過疎問題解決のために、地域コミュニティの持続的な賑わいや地域や地域の人と多様に関わる「関係人口」を増やす取り組みが必要と考え企画されたとのことです。

この事業でカヤックはコミュニティライブラリー併設の「つながるバス停」を八女市に提案し、近隣の中学生、高校生などが利用する西鉄バス福島停留所に、誰でも利用できる本棚とカフェ機能を持ったバス停が設置されるとのことです。「まちのコイン」は「つながるバス停」内のカフェスペースでの飲食などに利用でき、地域の魅力ある人とその人がオススメする本を月替わりで紹介し、利用者同士が「本」をきっかけにつながり、八女の魅力を再発見する場所になればと考えているとのことです。

なおコミュニティ通貨が利用できるコミュニティライブラリー併設のバス停は、日本初の事例となるとのことです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/panimoni)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

LINEが中銀デジタル通貨の開発支援へ、R3がE-Title Authorityの電子船荷証券ソリューション買収、英協同組合がCorda上でXDC発行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LINEが中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発支援へ、米ブロックチェーン企業R3がE-Title Authorityの電子船荷証券ソリューションを買収、英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。