ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

ビットフライヤーが2020年8月の取引実績を発表

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する株式会社ビットフライヤー(bitFlyer)が「Tポイントプログラム」や「取引所」など各サービスにおける2020年8月の取引実績を9月17日に発表した。

TポイントプログラムとはユーザーがbitFlyerのアカウントとTポイントアカウントを連携し、所有するTポイントを最低100ポイントからビットコインに交換することができるサービスのこと。

発表によると8月のTポイントからビットコインへの交換数量は7月比1.8 倍、また8月の月間交換利用者数は前月比1.9 倍に。そしてbitFlyerアカウントとTポイントアカウントの8月の連携者数は7月比3.8倍になったとのことだ。

bitflyerマーケットアナリスト兼トレジャリー部部長の金光碧氏は「ビットコインの価格上昇については、コロナショックを受けて世界的な金融緩和が進んでおり、個人が投機的に買う投資対象からインフレヘッジとして機関投資家も買う資産へと見方が変わってきていることが影響しているのではないでしょうか。日本においても機関投資家の参入が今後見られるのではないかと考えています。また、イーサリアムの価格上昇については、分散型金融(DeFi)で注目を集めていることが影響しています。それらを背景にビットコインやイーサリアムの価格が上昇したことで、これまで口座開設をして様子を見ていたお客様も、暗号資産取引を始めたのかもしれません。Tポイントプログラム利用者数増加の背景も同様に、ビットコインの価格上昇に伴いニーズが伸びているのだと思います。Tポイントを使ってビットコインを購入することができるので、初心者のお客様を中心にご好評いただいております」とコメントしている。

編集:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/null・Nattapon-Kongbunmee・incohre)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored