米国資金移動業ライセンスが決済・暗号資産企業78社を対象に統一化

米国資金移動業ライセンスが決済・暗号資産企業78社を対象に統一化

米州法銀行監督官協会(CSBS:Conference of State Bank Supervisors)が新たな規制プログラム「MSBネットワーク監督(MSB Networked Supervision)」を開始したことを9月15日発表。このプログラムにより、州ごとに審査・発行が行われる資金移動業ライセンスが統一化されることになった。

このプログラムの対象は、年間1兆ドル以上の顧客資金を移動させる決済・暗号資産企業78社に適用がされるとのことだ。

THEBLOCKの報道によるとこのプログラムは「州の規制要件をすべて満たすための単一の包括的な試験」と呼ばれており、全米50州中48州が参加をしているとのことだ。

ジョージア州銀行金融局のコミッショナーでCSBS理事会議長を務めるケビン・ハグラー(Kevin Hagler)氏は「このプログラムは、州の規制当局が最大手の決済会社の消費者保護および安全・健全性基準へのコンプライアンスを確保する方法において、重要なシフトです。州の規制当局が協力し、他の州の規制当局の優れた仕事に頼ることで、私たちはさらに多くのことができるようになるでしょう」とプレスリリースで述べている。

編集部のコメント

CSBSは銀行を含む金融機関の認可・監督・規制を行う州の銀行規制当局で組織されている協会です。

米国では、貸金業や資金移動業は営業を行う州ごとにライセンスを取得する必要がありました。一つの州に拠点を置いて全米に向けてサービスを展開する場合でも州ごとにライセンスを取得しなければなりませんでした。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/wigglestick・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored