エンタメブロックチェーン企業ダッパーラボがサークルと提携しステーブルコインUSDCの利用可能に

エンタメブロックチェーン企業ダッパーラボがサークルと提携しステーブルコインUSDCの利用可能に

エンターテイメント系ブロックチェーン開発企業ダッパーラボ(Dapper Labs)とデジタル資産運用企業サークル(Circle)がパートナーシップ締結を9月15日に発表した。

このパートナーシップによって、ダッパーラボが開発・運営するブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot game」などでUSD Coinで決済するクレジットカードやデビットカードでの支払いが可能になる。「NBA Top Shot game」はダッパーラボが開発した独自ブロックチェーン「フロウ(FLOW)」上で起動しているゲーム。またUSD Coinはサークルが開発・運用するアメリカドルに価値を裏付けられているステーブルコインである。

メディア「ディクリプト(Decrypto)」によれば、USD Coinは80カ国以上の銀行で使用されていて、20億ドル以上のUSDCが流通して、現在までに1,150億ドルがオンチェーンで取引されてたとのこと。

ダッパーラボのCEO兼共同創設者であるロハム・ガーレゴズルー(Roham Gharegozlou)氏は「NBA Top Shotを始めとするFlow上のすべてのお客様のために、サークルと協力して素晴らしい決済体験を構築できることを誇りに思います。サークルの決済技術と当社の新しいネットワークであるFlowのパフォーマンスを組み合わせることで、どんな開発者でもユーザー体験を犠牲にすることなく、アプリケーションを構築できることを意味します」とコメントしている。

サークルのCEO兼共同創業者であるジェレミー・アレア(Jeremy Allaire)氏は「ダッパーラボはメディアとエンターテイメントの真のパイオニアであり、分散型ブロックチェーン技術を利用してこれまでにない体験を消費者に提供しています。ダッパーラボの顧客は、デジタル通貨の恩恵を受けながら、身近な支払いの送受信方法で、ユニークで非常に魅力的なデジタルゲーム経済に完全に参加できるようになり、この物語の一部になれることを誇りに思っています」とコメントしている。

編集部のコメント

ダッパーラボが開発・運用する独自ブロックチェーン「フロウ(FLOW)」は、新世代のゲーム、アプリ、さらにそれらを支えるデジタル資産の基盤として設計された、高速かつ分散型、そして開発者フレンドリーなブロックチェーンであるとホワイトペーパーに書かれています。そしてフロウは従来のブロックチェーンに比べスループット56倍増加させ、コンセンサスアルゴリズムはプルーフオブステーク(POS)を選択しているとのことです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

EYがEY OpsChain Network Procurement発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引開始、バイナンスがVenus Protocol発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

監査法人EYがパブリックブロックチェーンを活用したグローバルな調達ソリューション「EY OpsChain Network Procurement」を発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引サービス開始、バイナンスが新たなDeFiプロジェクト「Venus Protocol」を発表、ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの国税管理機関である内国歳入庁(IRD)がニュージーランド国内の暗号資産(仮想通貨)取り扱い企業に対して顧客情報の提出を求めていることがわかった。ニュージーランドの現地メディアであるRadio New Zealand(RNZ)が報じた。

コンセンシスが香港の中央銀行デジタル通貨プロジェクトメンバーに、アントGがBC利用の国際貿易プラットフォームTruspleローンチなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーン開発企業コンセンシスらが香港金融管理局主導の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトのメンバーに、アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ、オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表、スタートバーンと現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)がグローバルマーケット進出に向け提携

オントロジーがダイムラーと提携しモビリティソリューション「Welcome Home」を発表

分散型パブリックブロックチェーンプラットフォーム「オントロジー(Ontology)」が独自動車大手「ダイムラー(Daimler Mobility AG)」のブロックチェーンプロジェクト「Daimler Mobility AG Blockchain Factory」と提携したことを9月24日発表した。この両社の提携によりドライバーは安全性の高い新しいデジタルドライブサービスを体験することができるようになるとのことだ。

アリペイのアントグループがブロックチェーンを活用した国際貿易プラットフォーム「トラスプル(Trusple)」をローンチ

アリペイ(Alipay)を運営するアントグループ(Ant Group)が中小企業や銀行向けの国際貿易のための新しいブロックチェーンプラットフォーム「トラスプル(Trusple)」を9月25日に発表した。トラスプルはBNPパリバ(BNP Paribas)、シティバンク(Citi Bank)、DBS銀行(DBS Bank)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)、スタンダードチャータード(Standard Chartered)と既に提携している。