米SECのクリプトマムことへスター・パース氏がDeFi規制の今後の展望を語る

米SECのクリプトマムことへスター・パース氏がDeFi規制の今後の展望を語る

米国証券取引委員会(SEC)のコミッショナーであり「Crypto Mom(クリプトマム)」として知られるHester Peirce(へスター・パース)氏が米国におけるDeFi(Decentralized Finance:分散型金融)規制に関する今後の展望について、米ブロックチェーンメディアDecryptoのインタビューに対し語った。

Peirce氏は「DeFiの規制がSECの議論の的になるだろう」と今後のSECの動向について述べたとのこと。

DeFiはこれまでの金融システムと違い、システムの管理者や取引の仲介者が存在しない。Peirce氏によると、SECはこれまで管理者や仲介者を規制することで金融システム自体の規制を図ってきたため、DeFiへの規制はSECにとって大きなチャレンジとなるとのことだ。

またDecryptoによるとPeirce氏は「Crypto Mom」の愛称とは裏腹に「規制当局としての私の見解は、規制当局は(DeFiに対して)母性的であるべきではないと考えています」と述べたとのこと。

Peirce氏は規制当局がクリプト分野に関してこれまで良い規制をしてきていないと考えており、同氏がSECコミッショナーとして2期目を務める今後の5年間は「米国人にとって規制されたクリプト市場へのアクセスが容易かつ、クリプト企業にとって資金調達が容易な規制の制定」を目指していくとのことだ。

健全な規制の確立の一環として、Peirce氏はクリプト企業にとってのセーフハーバーを作るという提案を進めている。これはクリプト企業に彼らの権力をコミュニティに譲渡するための期間を3年間与え、その間SECは規制のアクションを取らないというものである。しかしPeirce氏によるとこの案を成立させるのは非常に難しいとのことだ。

編集部のコメント

セーフハーバーとは、あらかじめ定められたルールのもとで行動する限り違法とみなされない範囲のことを指します。規制当局がセーフハーバーを設定することにより、企業は法律や規制にとらわれずに革新的な事業の創出に専念することができます。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/artsstock・Elen11)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored