スイスのツーク州が2021年度からビットコインとイーサリアムでの納税を可能に

スイスのツーク州が2021年度からビットコインとイーサリアムでの納税を可能に

スイスのツーク州が2021年2月よりビットコインとイーサリアムを利用した納税の受付を開始することを発表した。

スイスのクリプトバレーのパイオニアであるBitcoin Suisse(ビットコイン・スイス)とのコラボレーションで、暗号資産による納税が実現できたとのことだ。Bitcoin SuisseのCrypto-Payments-Solution(クリプトペイメントソリューション)を利用することで、暗号資産での納税が可能となる。納税者が暗号資産で納税したい場合、ツーク税務当局に届け出を出し、その後税務当局から必要なQRコード(通常は電子メール)を受け取り納税する流れになるようだ。

なお企業と個人がビットコインとイーサリアムで最大10万スイスフラン(約1,167万5,423円)の税金を支払うことができるようになるとのこと。

Bitcoin SuisseのCEOであるDr. Arthur Vayloyan(アーサー・ヴァイロヤン)博士は「取引技術と暗号資産による決済取引を組み合わせることで、納税者が納税しやすいユーザー体験を提供し、さらにツーク州に成熟したサービスを提供することが可能になりました」とコメントしている。

ツーク州の財務責任者であるHeinz Tannler(ハインツ・タンラー)氏は「ビットコインやイーサリアムでの税金の支払いであっても、常にスイスフランで受け取ることができるので、この新しい支払い方法でリスクを取ることはありません」とコメントしている。

この取り組みのテストは数週間後に行われる予定とのことだ。

編集部のコメント

Bitcoin Suisseは、スイスおよびリヒテンシュタインの銀行ライセンスのライセンス段階で規制されたスイスの金融仲介業者として、個人および機関投資家の顧客にプライムブローカー、カストディ、暗号通貨の支払い、担保付きローン、ステークキング、トークン化、およびその他の暗号通貨の金融サービスを提供しています。ツーク州の州都であるツーク市は、2016年からすでにビットコインでの納税を受け付けていました。つまり2021年からツーク州全体でビットコインの納税可能範囲を広げ、イーサリアムは新しい納税通貨の1つとして加えられたということになります。ちなみにスイスのツェルマット市とキアッソ市も、納税のためにビットコインを受け入れていました。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/stockdevil・Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored