JVCEA第一種会員にマネックス証券が入会

JVCEA第一種会員にマネックス証券が入会

一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)が、同協会第一種会員にマネックス証券株式会社が入会したことを7月1日発表した。

マネックス証券の入会により、JVCEAの第一種会員は計24社となった。

なおマネックス証券はすでにJVCEAの第一種会員である暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックと同じく、マネックスグループ傘下の企業である。

またマネックス証券はセキュリティトークンに関連するルール整備を通じた「投資家の保護・健全な業界の発展」を目指す一般社団法人日本STO協会の正会員でもある。

編集部のコメント

JVCEAの第一種会員の入会資格は、金融庁認可の暗号資産交換業者または暗号資産関連デリバティブ取引業者となっています。記事執筆時点(7月2日12:00)では金融庁の公開する暗号資産交換業者登録一覧は6月19日以降更新はされていませんが、近日中にマネックス証券も追加されると思われます。

なお第二種会員の資格は「暗号資産交換業者又は暗号資産関連デリバティブ取引業者となるための登録申請中又は登録申請を予定する事業者」となっています。現在第二種会員にはCoinbace(コインベース)株式会社など8社が入会しています。

なお4月30日にJVCEAは日本STO協会と共に金融庁より「認定金融商品取引業協会」として認定されており、両協会が定める自主規制ルールは法令に準じた権威を持つものとなっています。

今回マネックス証券が暗号資産交換業者として登録をすることから、同社が近日中に新たなサービスの提供をするなど、動きを見せてくる可能性もあるのではないでしょうか。そのサービスがSTOに関わるものなのか注目していきたいと思います。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored