バイナンスがインドのインターネットモバイル協会に入会

バイナンスがインドのインターネットモバイル協会に入会

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、インドインターネットモバイル協会(IAMAI:Internet and Mobile Association of India)に入会したことを6月20日発表した。

IAMAIはインドのデジタルビジネスの主要な業界団体。バイナンスはこの協会の暗号資産取引所(crypto-asset exchange)委員会に参加をした。

IAMAIは国際的な取引所であるバイナンスの入会により業界水準を上げ、インドの暗号資産・ブロックチェーン業界の成長と発展を目指す狙いとのこと。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏は「バイナンスはIAMAIに加盟できることを光栄に思っており、そして持続可能な成長と発展に向けてインドのブロックチェーン分野に貢献したいと思います。これまでバイナンスはインドのブロックチェーンエコシステムの発展をサポートするBlockchain for India Fundを立ち上げ、社会問題や業界の課題を解決するプロジェクトおよび起業家を支援してきました。バイナンスはインドでのブロックチェーン技術の発展を加速させたいと考えており、イノベーションを後押しするフレームワークを構築するためにIAMAIに協力することを約束します」とコメントをしている。

編集部のコメント

インドでは今月16日にインド政府がインド国内での暗号資産(仮想通貨)を禁止する法律の導入計画を進めていることが報じられています。

インドの暗号資産・ブロックチェーン市場では、2018年4月18日にインドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)が暗号資産に関わる企業などへサービス提供することを規制し、それに対し今年3月にインドの最高裁判所がRBIの規制を違憲とする判断を下しています。5月にはRBIが暗号資産(仮想通貨)に関わる企業やトレーダーへの口座などサービス提供禁止について否定する声明を正式に発表したことで、事実上インドでの暗号資産が全面解禁となりましたが、一転インド政府は規制への動きを見せている状況です。

バイナンスはインド市場において今年3月にインドの暗号資産取引所WazirXと前述した5,000万米ドル(約50億円)規模のファンド「Blockchain for India Fund」を設立しています。バイナンスCZ氏は以前「Blockchain for India Fund」の立ち上げの際に今後のインド市場に対しての可能性と期待をするコメントを出しています。 またIAMAIのヴァイスプレジデントであるGaurav Chopra(ガウラヴ・チョプラ)氏は今回発表したリリースのなかで、今後バイナンスと他の業界関係者が協力してインドにおける暗号資産のための建設的な政策のフレームワークを開発することを期待するとコメントをしています。

インドの暗号資産市場が新たな局面を迎えていますが、バイナンスがIAMAIに加入したことでインドの暗号資産・ブロックチェーン市場にポジティブな流れが生まれるかもしれません。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/stockdevil・antoniokhr・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。